無料お試し三本セットのお申込みはこちら

筋肉とアミノ酸の関係筋肉とアミノ酸の関係

筋肉を構成するアミノ酸

人間の体で重要な栄養の一つであるタンパク質は、20種類のアミノ酸が数多く複雑に結合して構成されています。
体の動きを支える筋肉の主な成分となるタンパク質には、BCAA(Branched Chain Amino Acids/分岐鎖アミノ酸)と呼ばれるバリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸が特に多く存在しています。
そのBCAAには筋肉の分解を抑え、筋肉の合成をスムーズにする働きがあります。

タンパク質は体をつくる重要な成分

私たち人間の体は水分に次いで多いのがタンパク質で、全体の約20%を占めています。皮膚、髪、内臓、血液、骨など体のほとんどの組織を作るための材料がタンパク質です。
例えば、筋肉を鍛えるのにタンパク質が大切だと言われていたり、タンパク質が不足すると髪や肌のツヤがなくなるのはこのためです。
つまり、タンパク質は体にとって大切な成分なのです。

タンパク質の最小単位がアミノ酸

タンパク質はアミノ酸が数十〜数万個結合して構成されています。
ちなみに、タンパク質は英語でプロテイン(protein)と言い、実は言葉の意味は全く同じです。
ペプチドとは、アミノ酸が数個〜数千個結合して構成しています。
つまり、タンパク質もペプチドもアミノ酸で構成されていて、それぞれの大きさが違い、最も小さくこれ以上分解できないのがアミノ酸です。

20種類のアミノ酸と必須アミノ酸

人間の体のタンパク質は全部で20種類のアミノ酸で構成されています。
その中で、体内で合成されないため、食事などで補う必要がある9種類の「必須アミノ酸」と体内で合成できる11種類の「非必須アミノ酸」と大きく2つのグループに分けることができます。
必須アミノ酸の中でもBCAA(Branched Chain Amino Acids/分岐鎖アミノ酸)と呼ばれている3つのアミノ酸、「バリン」、「ロイシン」、「イソロイシン」は筋肉の分解を抑え、筋肉の合成をスムーズにする働きがあります。

Copyright (c)2001-2018 Saishunkan Co.Ltd., All Rights Reserved.