無料お試し三本セットのお申込みはこちら

高麗人参の効果高麗人参の効果

ジンセノサイドがチカラの秘訣

高麗人参は、古来から不老長寿の薬などと言われ珍重されてきました。
現代でも食材や生薬原料として利用される世界的に有名な生薬の一つです。
その効果は滋養強壮の他にも、精神安定、抗炎症、免疫力の向上などの働きがあることは知られていましたが、現代科学によって、ジンセノサイドという有用成分の働きであることが解明されています。
そのため、今後も様々な分野で高麗人参の活用が期待されています。

古来から健康を支える高麗人参

朝鮮人参、オタネニンジン、人参(ニンジン)とも呼ばれる高麗人参はウコギ科の多年草です。
そんな高麗人参は、古来から不老長寿の神薬、万能薬と言われ、王様へ献上するほど貴重で高価なものとされてきました。
現代でも韓国料理のサムゲタンの食材、栄養ドリンク、漢方薬に配合されたりと、様々な用途で活用される世界的に有名な生薬の一つです。

高麗人参の意外な効果

一般的に高麗人参は滋養強壮、血行促進の効果をイメージすると思います。
しかし、それ以外にも精神安定、抗炎症、免疫力の向上などの様々な効果や筋肉の分解を抑え、タンパク質の合成を促進する働きなどを秘めていることがわかっています。
これらは、ジンセノサイドと言われる有用成分であることが現代科学により、解明されています。

ジンセノサイドが有用成分

ジンセノサイドとは、ginseng(高麗人参)とglycoside(配糖体)の合成語で、他の植物には含有していない高麗人参だけの特有成分です。
しかも、ジンセノサイドには数十種類の有用成分があり、その種類ごとに違った働きがあります。
ジンセノサイドは、1本の高麗人参からわずか2〜3%しか採取できない細長い「ひげ根」部分に最も豊富に含まれています。

Copyright (c)2001-2018 Saishunkan Co.Ltd., All Rights Reserved.