無料お試し三本セットのお申込みはこちら

長白仙参を続けるために長白仙参を続けるために

毎日の習慣にする3つのコツ

これからも、ずっと思い通りに動く体づくりのためには、毎日忘れずに長白仙参を食べることが大切です。
3日坊主で終わったり、うっかり食べ忘れないためのコツや食べ方の工夫をご紹介します。

食べる時間や場所を決める

「朝食の後に」、「散歩に出かける前に」など食べるタイミングを決めたり、ベッドの脇や食卓など目にする場所に置いておけば、うっかり食べ忘れることもありません。
「お勤め先のロッカー」や「カバンの中」などに予備を入れておくと食べ忘れた時も安心です。

カレンダーなどにチェックする

食べた時にカレンダーや手帳などに、丸印をつけたり、冷蔵庫の扉など、毎日必ず目にする場所に「長白仙参を食べる」などと書いたメモを貼っておくのも忘れにくくするコツです。

食べ方を工夫する

長白仙参はパイナップルとリンゴの果汁で味付けをし、どなたでもお召し上がりいただける味になっていますが、個人差により甘味や苦味を感じる場合があります。
毎日同じ味だと飽きてしまったり、味が苦手な場合は、ヨーグルトや牛乳などに混ぜて食べたり、冷蔵庫で冷やしたりすると美味しく毎日お召し上がりいただけます。
※高温や冷凍で触感が変わることがありますので加温・冷凍はしないでください。

Copyright (c)2001-2018 Saishunkan Co.Ltd., All Rights Reserved.