社会貢献活動

環境への取組み 環境への取組み

環境への取組み

いまやあらゆる企業が声高に謳う、環境問題への取組み。でも、大げさに考える必要はなかったのです。「ちょっとそれ、もったいなかよ」、それが私たちのスタートでした。私たちが取り組んでいる環境対策、協賛活動をご紹介します。

環境への取組みについて

再春館製薬所は、自然の力を人の力にする漢方の製薬会社です。
自然への感謝を忘れず、頂いた恵みを大切に使いたいと思い、「環境への取組み」「もったいない運動」を長年に渡り続けてきました。その一部を紹介します。

  • 1.
    氷蓄熱空調システム
    氷蓄熱空調システムとは、電力消費の少ない夜間電力を用いて製氷し、それを解かして冷房などに利用するもの。夏の冷房負荷による偏った電力需要を平準化することであり、電力プラントの抑制、空調設備の小型化が図れます。
氷蓄熱空調システム
  • 2.
    生薬の煎じカスの堆肥化
    漢方の顆粒をつくるときに発生する煎じカスを2次発酵させ、ヒルトップ内の野菜畑などに肥料として活用しています。時々厨房に、堆肥で育った野菜が登場します。
生薬の煎じカスの堆肥化
  • 3.
    生ゴミの堆肥化
    生ゴミを粉砕機にかけ肥料化(コンポスト)することにより、生ゴミゼロ化を実現。
  • 4.
    油化装置の導入
    廃プラスチックや廃食油から油を作り出す油化装置を導入。ボイラーの燃料などに再利用し、リサイクルを行っています。
  • 5.
    再春館「太陽の畑」(太陽光発電設備)
    本社建物の壁面や屋上のほか、広く周辺地区にも及ぶメガソーラーシステム。私たちは『再春館「太陽の畑」』と名付けました。この発電設備では、再春館ヒルトップ年間使用電力の100%にあたる電気が作り出せます。CO2の排出量削減など、国際的に地球環境保全の動きが高まる中、2001年、再春館ヒルトップへの工場移転の時から13年をかけて作り上げました。「自分たちで使う電気は自分たちで100%つくりたい」と想い描いた夢の取組みがようやく実現しました。
  • 発電容量:8,315kW = 約2,000家族分の年間使用電力量に相当
  • 年間発電量:7,671,478kWh/年
  • 総面積:45,600u(パネル部)
  • パネル枚数:30,191枚
  • CO2効果:2,930t/年
  • 再春館ヒルトップ「太陽の畑」

    再春館ヒルトップ「太陽の畑」

  • 再春館パーク「太陽の畑」

    再春館パーク「太陽の畑」

  • いちばんの照明、それが自然光。

    太陽の光を集めて屋内を照らす集光器「ひまわり」。天窓から外光を取り入れるのと同じ発想で、窓のない廊下や更衣室も昼間なら十分な明るさが得られます。

    いちばんの照明、それが自然光。
  • 大地と空の恵み、水を大切に。

    製造ラインから、トイレや散水に至るまで、地下を流れる伏流水と降り注ぐ雨水を有効活用。
    自然の恵みである水を少しでも無駄なく利用するよう、最新の設備を整えています。

    大地と空の恵み、水を大切に。
  • 風を感じて、呼吸する窓。

    風の強弱でゆらゆらと動き、開閉を自動調整する窓「スウィンドウ」。夏の暑い日にも冷房で締切にすることなく、阿蘇の爽やかな風を効果的に取り入れています。

    風を感じて、呼吸する窓。
  • 敷地の9割を占める緑。
    そこには、思い出とともに息づく木々が。

    再春館ヒルトップは自然と一体になったものづくりの丘をめざしました。その豊かな自然の中にはいくつもの樹木が立ち並びます。これは九州にお住まいの一般のご家庭から、ご事情によって切らざるをえなくなった庭の木を、呼びかけにより引き取ったものです。いまやヒルトップのシンボルとなった樹齢200年のクスノキは、宮崎県にお住まいの中村さんからお預かりしたもの。ご家族とともに年月を重ねた大切な木が、その思い出と共に元気に枝を広げています。

    敷地の9割を占める緑。そこには、思い出とともに息づく木々が。
  • 「もったいない」の気持ちは、
    もちろん商品にも。

    資源のムダを少しでもなくすために、容器や梱包の改良を重ねています。

    • 残糸タオル

      残糸タオル

      ガラスの製品容器を保護するタオルは、タオル工場で捨てられていた残り糸を原料としています。

    • 能書兼用スリーブ

      能書兼用スリーブ

      商品の外箱となるスリーブは裏面部分を能書とし、簡略化が図られています。

    • 古紙緩衝材

      古紙緩衝材

      発送時に利用する緩衝材は、シュレッダーにかけた不要紙を集めて再利用しています。

    • 製品容器

      製品容器

      プラスチック、ガラスなど、素材別に簡単に分別できるように工夫されています。

    • 密封パウチ

      密封パウチ

      無菌室からそのままお届けするための密封パウチは、再利用に便利なチャック付き。

社員一人ひとりの身近な取組み

  • 自分の家と同じ感覚で、不要な電気は消す、紙一枚でもむやみに捨てない。毎日の仕事や生活の中で感じた「もったいない」の気持ちを行動に移す。私たちの環境への取組みは、そんな身近なところから始まっています。

    社員一人ひとりの身近な取組み
  • 手書きの張り紙で、みんなが意識共有。

    ひとりが気づいたことを、他の社員にも知ってもらうためのポスターや張り紙。あえて手書きにすることで、その気持ちがより強く伝わることを願っています。

    手書きの張り紙で、みんなが意識共有。
  • 下げすぎず、上げすぎず。室温は適正に。

    節電を考えながらも、社員が効率よく仕事ができる冷暖房調節を行っています。また夏はノーネクタイ、冬は1枚多めのセーターなど、社員の一人ひとりが温度管理を心がけています。

    下げすぎず、上げすぎず。室温は適正に。
  • 外の光を取り入れて、室内の照明も最小限に。

    全面ガラス張りの社屋は、昼間はすべて半灯照明。また、室内の明るさを決める基準「エコルール」を設け、照明を追加するタイミングを照度計でチェックしています。

    外の光を取り入れて、室内の照明も最小限に。
  • 捨てればゴミ、分ければ資源。

    不要物は、紙・金属・プラスチックなど、社員みんなでしっかり分別。窓付き封筒や飲み物の紙パックなども材料ごとに細かく分けて、100%のリユースとリサイクルを目指しています。

    捨てればゴミ、分ければ資源。

ISOの取組みについて ISOの取組みについて

再春館製薬所のISO

再春館製薬所のISOは…

数あるISOの規格の中で、再春館ヒルトップが認証を受けているのは、品質マネジメントシステムのISO9001と、環境マネジメントシステムのISO14001です。
ISO9001は、会社などの組織がお客様に対する製品やサービスの品質を確保することによりお客様に満足していただこう、またそのような組織になるために組織を変えていこうという活動です。
これまでも、「機械まかせ」にせず、製品工場で製造後に4時間かけて行う充填ラインの分解・洗浄・組立や人の指先の微妙な感覚でのチェック、そして「品質への責任」として厳しいGMP基準下での製造を行ってきました。
ISO9001の認証取得は、再春館製薬会社で働く私たちが今まで積み上げてきた手順や記録の仕方、そしてお客様からの声を国際的に認められたルールに基づいて全員で作り上げていくということです。

ISO14001は今問題になっている地球温暖化防止などの環境活動を効果的に行う為に定められた規格です。再春館ヒルトップは2001年に「アースファクトリー、エコロジカルファクトリー、オープンファクトリー」のコンセプトに基づき誕生しました。
そして、2003年3月25日異例の速さでISO14001の認証取得に成功しました。それは、今までに太陽を最大限に活かしたエネルギーの導入、限りない産業廃棄物削減と再資源化への挑戦、再春館ヒルトップの緑化維持などへの取り組みが実を結んだのです。私たちの終わりない環境への取組みの中でISO14001の認証取得は避けて通ることのできない大切なステップです。ISOの本当の目的は認証取得ではありません。社内における取組みをさらに深めていくことで、2015年には環境方針に準拠した活動として自己宣言を行いました。これからも継続的な改善に取り組んでいきます。

再春館製薬所のISOは…

ISO14001の取得は、自然と環境を守りつづけるという約束です。 ISO14001の取得は、自然と環境を守りつづけるという約束です。

「アースファクトリー、エコロジカルファクトリー、オープンファクトリー」3つのキーワードをコンセプトにした再春館ヒルトップは、自然と環境に対する再春館製薬所の理念に基づいてつくられています。訪れるすべての人々がそれを感じ取り、共感してくれる場所へと育てていくことは、社員である私たちの義務であると考えています。
2003年3月25日、異例の早さでISO14001の認証を取得しましたが、それはゴールではありません。定められた基準に則った計画をつくり、それを実践して、成果を確認ながら、見直すべきを見直していしく。このような取組みを継続しつづけることこそが、ISO14001取得の意義なのです。
太陽の恵みを最大限に活用したエネルギー供給、廃棄物削減と再資源化へのあくなき挑戦、緑豊かな環境の保持・育成など、ISO14001の認証取得は、これからも豊かな自然、健やかな環境を守り育てていくという私たちの意思表示であり、未来へ向けた約束でもあります。

株式会社 再春館製薬所 環境方針 株式会社 再春館製薬所 環境方針

理念

  • 再春館製薬所の理念の基本は漢方思想である。「人間も自然の一部」という漢方理念を大切にしています。これからも自然の恵みを、人がよりよく生きる力とする製品づくりをつづけていきます。
  • 再春館製薬所のものづくりに不可欠な自然を、地球環境を守り育むため、全社員が力を尽くし、再春館ヒルトップがISO14001にかなう場所でありつづけるよう、積極的に活動・改善に取り組んでいきます。

環境方針

  1. 事業活動や生産活動が環境に与える影響を的確に捉え、環境目的と環境目標を定め、環境保全活動及び汚染予防活動を推進し、その継続的な改善を図っていきます。
  2. 環境関連の法律、規制、協定等を遵守するとともに、必要に応じて自主管理基準を定め環境保全に努めます。
  3. 事業活動において、資源とエネルギーの削減と有効利用を図るとともに、さらなる廃棄物の削減及び再資源化を推進し、地球環境の維持・向上に努めます。
  4. 環境方針を文書化し、全従業員に周知徹底します。また、環境方針及び環境マネジメントシステムに則り、全社員を挙げ環境保全活動を推進するとともに、継続的な改善を図り、協力会社に対しても理解と努力を求めていきます。
  5. 地域社会とのコミュニケーションを図り、協調しながら環境維持に取り組んでいきます。
  6. この環境方針は、一般の方々が入手・閲覧可能なものにします。

株式会社 再春館製薬所
代表取締役社長 西川 正明

再春館ヒルトップのISO 再春館ヒルトップのISO

ISO9001取得は、
揺るぎない信頼の基盤をつくることです

再春館製薬所は創業以来、「いつもお客様に最高の品質と安全をお届けすること」を追求してきました。製造して、すべての製品を医薬品GMP基準に準拠した環境下での“ものづくり”を行い、GQP基準に則った品質保証体制のもと、最高の品質をお届けし、GVP基準に則った安全管理を行い、安心をお届けしてきました。
ISO9001取得は、私たちの品質と安全へのこだわりを、私たち自身の努力でさらに高いレベルに引き上げることを目指したものです。認証取得は、これまで磨き上げ積み重ねてきた製造の手順、品質管理の手法、お客様対応の仕方などを検証し、その一つひとつが、国際的に認められた高い基準にかなうものかを確かめることからはじまります。
ISO9001の取得に全社を挙げて取り組むことは、より高い品質と安全が求められる社会の中で「揺るぎない信頼を得るために不可欠な基盤」をつくりあげることなのです。

株式会社 再春館製薬所 品質方針 株式会社 再春館製薬所 品質方針

理念

  • 再春館製薬所は、こころゆくお客様満足の向上を目指した物造りとサービスの提供を行い、お客様に最高の品質と安心をお届けする。全ての製品に真摯な物造りの姿勢を貫き、一切の妥協や手間・ひまを惜しまず、品質の追及を行う。
  • お客様との末永いお付き合いを行うことで、企業の信用・継続的発展と安定を実現する。

品質方針

  1. 生産活動に携わる全員が、常にお客様の声や情報収集に努め、お客様の立場に立った物造りと発送、お肌とお身体、何より心の満足を安心して得られるサービス提供を行う。また、クレームは全て迅速なお客様対応を的確に実施し、徹底した原因追求、製造物に対する全責任を担うのは勿論の事、再発防止を含むさらなる継続的改善・品質向上の活動に努め、品質目標を設定し、達成に向けて実施する。
  2. 適用される要求事項を満たし、物造りに関するあらゆる法律・規制などの遵守は勿論のこと、全製品について、ISO9001とGMP基準とを統合した品質体制のもと、原材料の入手、製造から発送までを一貫した管理体制にて行い、心を込めたより良い高品質の製品を直接お客様にお届けする。
  3. 教育・訓練を重視し、業務を遂行する上で十分な知識・技術を持つ人材の育成を行うと共に、従業員の品質に対する責任・意識向上を常に図る。
  4. 定期的にマネジメントレビュー(経営層による見直し)を実施し、製品品質の向上に努める。また、人為的なミスや設備上の不備によって起こりうる不良品の発生を未然に防ぎ、製品の品質を損なうことがないよう、品質マネジメントシステムの継続的改善を図る。

株式会社 再春館製薬所
代表取締役社長 西川 正明