1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. 年齢肌のために>
  3. 研究開発の軌跡>
  4. 自己回復力に強く働き掛ける"答え"

シワ・シミの原因を徹底的に追求

自己回復力に強く働き掛ける"答え"

「タンパク質のバランス」が、カギを握っていました。

研究開発部 永田秀尚
研究開発部 永田秀尚

老化の仕組みを分析・追究する中で導き出したのは「タンパク質のバランス」が、肌老化のカギを握っているということです。
自己回復力を衰えさせるタンパク質にも、豊かにするタンパク質にも働きかける。
かつてないほど、自己回復力に強く働きかける“答え”を見出しました。

肌老化の“アクセル”、「加齢加速タンパク(Angptl2)」。
肌老化の“ブレーキ”、「自己回復タンパク(HSP/ヒート・ショック・プロテイン)」。
どちらもケアして肌本来の力をしっかり底上げすることで、シワ・シミの原因を食い止めることが理想だと考えています。

加速加齢タンパクと自己回復タンパクの関係

自己回復タンパクを、促進するために。

肌老化の"ブレーキ"

お肌にもともと存在するタンパク質、HSP(ヒート・ショック・プロテイン)。
余分なメラニンの発生を抑え、紫外線によるダメージからお肌を守り回復に導く「HSP70」、コラーゲン繊維を整える「HSP47」
2011年、私たちはこの力を最大限に引き出す研究成果を得ることに成功しました。
2015年は、活性酸素の影響を取り除く働きを促す「HSP32」に着目。一歩進んだ「自己回復タンパク」へのアプローチを実現しました。

HSPに関わる原料

加齢加速タンパクを、抑制するために。

肌老化の"アクセル"

HSP研究の対となる新たな成果が「加齢加速タンパク(Angptl2)」です。
コラーゲンを切ってしまう分解酵素を増やすなどの特性を持つこのタンパク質は本来、体組織を修復するよう働きますが、運動不足、過食、紫外線などの影響で増えすぎると、生活習慣病やガンなどの原因になるとされています。

「体の老化に関わっているならば、肌老化にも……」という着眼点から、熊本大学と共同で研究を重ね、シワ・シミに関与している事実を世界で初めて発見しました。
では、「加齢加速タンパク」を抑制する原料はなにか。

400種類の中から選び抜いたのが、熊本・不知火地方で生育されている「不知火菊」でした。

加齢加速タンパクとシワ・シミ形成の関係

肌年齢を解き放つ花。

無添加時と比較し、加齢加速タンパク量を80%抑制する不知火菊
加齢加速タンパクを抑制する不知火

「加齢加速タンパク」の働きを抑える力を求め、手にした400種の原料の中で、突出したデータを示したのは、熊本の不知火地方にひっそりと咲いていた、近年まで学名さえも持たなかった菊の花でした。

花びらを煎じて飲むと重い病が……。ただの言い伝えに“なにかある”と感じたのは、この菊が土の養分を吸い尽くすため、同じ土地で連作できないという事実を知ったからでした。
この生命力が「加齢加速タンパク」のカギとなった不知火菊エキスは、2015年ドモホルンリンクル進化の、最大の原動力です。