1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. 年齢肌のために>
  3. 研究開発の軌跡>
  4. コラーゲンをつくる HSP47 〜第1話 お肌のハリを保つ HSP47〜

コラーゲンをつくる HSP47

第1話 お肌のハリを保つ HSP47(ヒートショックプロテイン47)

重要なのはコラーゲンの量と質

基礎研究グループ 間地大輔
基礎研究グループ 間地大輔
重要なのはコラーゲンの量と質

お肌の土台である真皮は、約70%がコラーゲン繊維で占められており、ハリや弾力を保っています。

コラーゲンはタンパク質の一つ。合成と分解が常に繰り返されており、このバランスを保ちながらコラーゲンが新しく入れ替わっています。しかし、年齢を重ねると、新しく作られるコラーゲンの量が少なくなるのです。
さらにコラーゲンが作られても、正しく働くように質を高めないと、肌を支えきれずシワやたるみの原因になります。

お肌にはコラーゲンの量を増やすだけでなく、正しく働けるように質を高めることも必要なのです。

コラーゲンの介添え人

ムーラン・ド・ラ・ギャレット

コラーゲンをはじめとするタンパク質が、機能を発揮するためには、正しい構造にならなければなりません。その正しい構造になるために導くものが分子シャペロン※です。

コラーゲンをつくる過程で働く分子シャペロンはHSP47(ヒートショックプロテイン47)と呼ばれます。コラーゲンの介添え人として、正しい構造になるよう手助けをするのです。

コラーゲンの質を保つにはHSP47が必要不可欠です。

※分子シャペロンの語源
若い女性が社交界に通用する貴婦人になれるように介添えをする後見人(婦人)のことをシャペロンという。タンパク質の介添え役の意味で、分子シャペロンと名付けられた。

コラーゲンができるまで

下のアニメーションをご覧ください。

このようにHSP47が働くことで正しい構造のコラーゲン、つまり質の良いコラーゲンが作られるのです。

コラーゲンをつくる HSP47
前のページへ