探し求めた天然原料

どんな土地でどんな人が育てて、どんな経路で再春館製薬所にたどり着いたのか。ドモホルンリンクルになる成分や原料については、こだわりを持って確認しています。

例えばチューリップエキスは、約5600種類以上ある中から見つけた「ピンクダイヤモンド」という品種を使用しています。この品種は、病気にかかりやすいため、生産者の方の熟練した技術や経験で取り除くなど丹念な手入れをしなければ花を咲かせないのです。丁寧に育てられたこのチューリップには、コラーゲンの質を高める「HSP47」を高める働きがあることが大学との研究で発見されました。

このように私たちは、生産者の顔が見え、信頼でき、お肌に効果のある原料であることを確かめたうえで、ドモホルンリンクルの成分として配合しています。

生産地レポート

不知火菊は、熊本県の不知火地方で細々と育てられていました。先進の研究で、不知火菊から抽出したエキスが、しわ・しみの原因の1つである「加齢加速タンパク」の働きを抑制することがわかりました。

天然原料一覧