美肌を生み出す秘密とは?睡眠とお肌の関係

美肌を生み出す秘密とは?睡眠とお肌の関係

たくさん寝たのに、肌が荒れるのはなぜ? たくさん寝たのに、肌が荒れるのはなぜ?

たくさん寝ても疲れがとれない。夜中に目が覚めてしまう。
このように、熟睡できないことってありませんか?

熟睡できなかった時は、お肌がアレたり、化粧のノリが悪いなど、お肌の状態が悪くなると感じる女性はとても多いのです。
私たちの体には、免疫力や回復力といった、体調を整える働きが備わっていますが、熟睡できないとその働きが鈍くなってしまいます。

※そして体の内側の変化は、やがてお肌にも影響してくるのです。年齢肌に立ち向かうには、お肌が生まれる環境を万全にするために体の内側から働きかけることが重要です。

睡眠とお肌の関係肌荒れにつながる原因とは? 睡眠とお肌の関係肌荒れにつながる原因とは?

ターンオーバーの仕組み ターンオーバーの仕組み

私たちのお肌では、眠っている間に「ターンオーバー」が起こっています。お肌の奥で生まれた細胞は、少しずつ上に押し上げられていき、約4週間かけて一番上までたどり着くと、役目を終えて剥がれ落ちます。
この一連の流れが、よく耳にする「お肌のターンオーバー」です。

ターンオーバーにおいて重要な役割をするのが、「成長ホルモン」
私たちの体では、この成長ホルモンが脳から分泌されることで、お肌に「ターンオーバー開始!!」というスイッチが入るのです。

様々な研究から、この成長ホルモンは主に寝ている間に分泌されることが知られています。つまり、寝ている間にお肌のターンオーバーが起こり、私たちのお肌は日々新しく生まれ変わっているのです。
一方で、熟睡できない日が続いてお肌の調子が悪くなるのは、ホルモンバランスが崩れることが主な原因です。美肌ホルモンとも呼ばれる「女性ホルモン(エストロゲン)」の分泌量が減ると、お肌が乾燥し、ハリが失われます。

そこでさらに成長ホルモンの分泌量が減るとターンオーバーまで遅れるため、お肌のダメージやメラニンが蓄積しやすく、シワやシミにつながってしまうのです。

重要なのは、深い眠りで成長ホルモンを分泌させること! 重要なのは、深い眠りで成長ホルモンを分泌させること!

睡眠のリズム 睡眠のリズム

お肌のターンオーバーに欠かせないのが、成長ホルモン。しかし、この成長ホルモンは、寝ている間ずっと出ているわけではありません。
睡眠の深さには規則的なリズムがあり、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が繰り返されています。

成長ホルモンは、眠り始めて約3時間程までの深い眠り(ノンレム睡眠)の時にたくさん作られることが知られています。

1日の時間帯による成長ホルモンの分泌グラフ 1日の時間帯による成長ホルモンの分泌グラフ

つまり、ただ睡眠をとれば新しい細胞が作られるのではなく、リズムにあった深い眠りをしっかりとることが重要なのです。

お肌のターンオーバーに欠かせないのが、成長ホルモン。しかし、この成長ホルモンは、寝ている間ずっと出ているわけではありません。
睡眠の深さには規則的なリズムがあり、深い眠り(ノンレム睡眠)と浅い眠り(レム睡眠)が繰り返されています。

成長ホルモンは、眠り始めて約3時間程までの深い眠り(ノンレム睡眠)の時にたくさん作られることが知られています。

つまり、ただ睡眠をとれば新しい細胞が作られるのではなく、リズムにあった深い眠りをしっかりとることが重要なのです。

夜10時〜2時くらいが、お肌のゴールデンタイム! 夜10時〜2時くらいが、お肌のゴールデンタイム!

「お肌のゴールデンタイム」という言葉を聞いたことはありませんか?だいたい夜10時〜2時くらいに、お肌のターンオーバーが活発になる、つまりお肌の生まれ変わりが活発になることから、この時間帯がお肌のゴールデンタイムと呼ばれているのです。
でも、この時間に眠りにつくのは、ちょっと難しいという方も多いと思います。
そういう方は、特に寝始めて最初の3時間は必ず熟睡できるような生活パターンを身につけることが重要です。

深い眠りをとるためには 深い眠りをとるためには

最初のノンレム睡眠が深いことが質のよい睡眠のひとつの条件です。
スーッと寝入ることができれば、グッスリと眠れ、朝にスッキリと目覚めることにつながります。寝付きよく、深い眠りに入れるために、こんな工夫をしてみてはいかがでしょうか。

食事 食事

カフェインやアルコールは眠りを妨げたり、眠りを浅くするため寝る前に摂ることは控えた方が良いでしょう。
逆に、牛乳やコラーゲン、ゼラチンなどには、寝付きをよくする効果が知られています。

照明・光 照明・光

強い光は、脳に強い刺激を与えるため、寝る前は部屋の明るさを抑えたり、TVやパソコンを控えた方が良いでしょう。電気を消した後に、スマートフォンでメールをする方もいるのではないでしょうか?画面から強い光が発せられるので、注意しましょう。

リラックス リラックス

心地よい音楽やアロマなどの香り、軽いストレッチなどはリラックス効果により寝付きがよくなると言われています。リラックス方法は、皆さんそれぞれ異なると思います。この機会に、自分がリラックスできる音楽や香りなどを探してみるのはいかがでしょうか?