【調査】4週間の摂取で変化しみ編

【調査】4週間の摂取で変化しみ編

今回は、私たちが実験・調査したしみ、キメといったお肌お悩みと睡眠との関係、アンケート結果をご紹介したいと思います。
しみ、キメとの関連性を調べるため、下記の条件にて調査を行いました。 しみ、キメとの関連性を調べるため、下記の条件にて調査を行いました。
  • 睡眠前に眠りの質を高めるドリンクを摂取
  • 調査母数:10名
  • 平均年齢:35.8歳
  • 継続期間:4週間
飲用前と飲用後のしみの個数が減少 飲用前と飲用後のしみの個数が減少
シミ個数の推移 シミ個数の推移

グラフで示したとおり、しみ個数が減少していることもわかりました。実際、お肌を撮影しても同じようにしみの個数が減っていました。

4週間の飲用で、キメに対して改善されたことを示す結果に! 4週間の飲用で、キメに対して改善されたことを示す結果に!

キメとの関係を調べるために、試験用の粘着フィルムで角質を採取し【はがれた量】を比較しました。「キメが整ったお肌は、角質が均一にはがれる」ことからこのような手法をとり調査することにしました。

飲用前と飲用後で角質のはがれ方が変化 飲用前と飲用後で角質のはがれ方が変化

30代・60代ともに飲用前後を比較しました。
色が濃いところは、キメが乱れているため角質がはがれて重なりあっている状態であることを示しています。飲用後は、濃い色の箇所が減ったことが見て取れました。
これは
4週間の飲用で、キメに対して改善されたことを示す結果となっています。

飲用前・後のアンケート結果 飲用前・後のアンケート結果

上記の肌診断を行った方々にアンケートを下記の項目において行いました。

  1. 睡眠時間は何時間でしたか?
  2. 寝つき(布団に入ってから眠るまでに必要な時間)はどうでしたか?
  3. 夜間、睡眠途中に目が覚めましたか?
  4. 睡眠時間は十分でしたか?
  5. 希望する起床時刻より早く目覚め、それ以上眠れないことがありましたか?
  6. 全体的な睡眠の質はどうでしたか?
  7. 日中の眠気はどうでしたか?
  8. 日中の疲労感(身体的および精神的)はどうでしたか?
飲用前後で睡眠の質が変化 飲用前後で睡眠の質が変化

「6.全体的な睡眠の質はどうでしたか?」を例に見てみると経過日数の増加に対してグラフは右下がりになっています。
これは

  • 満足している…0
  • かなり不満…2
  • 少し不満…1
  • 非常に不満…3

として算出しています。

グラフの下がり方から、経過日数を追うごとに睡眠の質が良くなっていることが読み取れます。

このようにお肌の結果の数字とこれらをつきあわせることで私たちは「睡眠の質とお肌」は深い関係にあると考えるにいたりました。ただ、「睡眠とお肌」の関係については、継続調査の必要性を 強く感じています。

調査結果からわかったこと 調査結果からわかったこと

質のよい睡眠がお肌にどのような影響を与えているかの調査結果は、しわやしみなどに効果がみえますが、これはどんな方にも同じように効果がでるということではありません。
年齢肌の悩みの深さによっては、効果が実感にいたるまでには時間が必要な場合もあります。
睡眠は、美肌と関係の深い「ホルモンバランス」「血行」「免疫機能」に直接働きかけています。

体の疲れを取り除き人の根本力を支える「睡眠」は、私たちにとってなくてはならない時間です。
その時間を美肌を生み出す時間にするためにも、美しくなることのできるような眠りの習慣を身につけましょう。