1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. 年齢肌のために>
  3. 研究開発の軌跡>
  4. 自己回復タンパクの新しい力 自己回復力でシワを防ぐ 〜第1話 シワができる原因とは?〜

自己回復タンパクの新しい力 自己回復力でシワを防ぐ

第1話 シワができる原因とは?

シワはどうやってできる?

研究開発部 永田秀尚
研究開発部 永田秀尚

「ほうれい線」や「目尻のシワ」が増えると、私たちの顔は実年齢よりも老けて見えてしまいます。

このコンテンツをお読みの皆さんも、日頃からシワを増やさないために様々なケアを行っているのではないでしょうか。

年齢肌の悩みであるシワは、いったいどのようにできるのでしょうか? シワを増やさないためにはどうしたらよいのでしょうか?

これから2話にわたって、私たちが行ってきた最新のシワ研究の結果をご紹介します。まずは、どうしてシワができるのか簡単に説明します。

お肌のハリを保つコラーゲン

皆さんもハリのある肌を保つには、コラーゲンが大切だと聞いたことがあると思います。

右の図に示すように、基底膜にはⅣ型コラーゲン、真皮にはⅠ型コラーゲンが存在し、まるでベットのスプリングのようにお肌を支えています。私たちのお肌は、これらのコラーゲンに支えられるおかげでハリが保たれているのです。

お肌にとって重要なコラーゲン。それでは、その量や質はどのように保たれているのでしょうか?

コラーゲンは、その生産工場となる「線維芽細胞(せんいがさいぼう)」で作られ、コラゲナーゼなどの「分解酵素」によって分解されます。
そして、この「生産」と「分解」のバランスが保たれることで、お肌のコラーゲン量が保たれています。そのため、このバランスが崩れると、コラーゲンが減ってしまうため、シワの原因となるのです。

コラーゲンの生産と分解のバランスが保たれていると・・・コラーゲンがたくさんあってハリのあるお肌に!
コラーゲンの生産と分解のバランスが崩れると・・・コラーゲンが減る事でシワの多いお肌に

シワの原因はコラーゲンの減少

シワの最大の原因が紫外線であることは皆さんもご存知だと思います。
お肌に紫外線があたると、先ほど説明した「コラーゲンの生産と分解のバランス」が崩れてしまい、コラーゲンが減ることが知られています。
それでは、なぜ紫外線があたるとバランスが崩れてしまうのでしょうか?

紫外線は、お肌にあたると炎症反応を引き起こし、分解酵素をたくさん作らせます。この分解酵素は、まるでハサミのようにコラーゲンを切断するため、大切なコラーゲンをボロボロにしてしまうのです。そして、最終的にコラーゲンが減ってしまい、お肌を支えることができなくなります。

「コラーゲンの量が減っていく!? それじゃあ、新しいコラーゲンを作って、補えばいいのでは?」と思った方もいるかと思います。しかし、残念ながら年齢を重ねるとコラーゲンを作る能力が低下するため、新しいコラーゲンを十分には補えなくなるのです。さらに紫外線があたると、コラーゲン生産工場の線維芽細胞がダメージを受けるため、コラーゲンを作る力がますます弱まってしまうのです。

コラーゲンの破壊がシワを引き起こす

自己回復力を活かしてシワを防ぐ?

紫外線によるシワを防ぐには、コラーゲンの生産と分解のバランスを保つこと、すなわち「過剰な分解酵素を減らすこと」や「線維芽細胞を守ること」が重要です。

そこで私たちは、「お肌を守るタンパクを増やせばシワを防いでくれるのでは?」と考え、自己回復タンパク(ヒートショックプロテイン70<HSP70>)に注目しました。

数年間にわたる研究から、私たちは「自己回復タンパクが紫外線からお肌を守ってくれる」ことを見出しています。(詳しくは「お肌を守る HSP70」をご覧ください。)

この自己回復タンパクを増やせば、本当にシワが減るのか調べるために様々な研究に取り組んで来ました。そして、その結果は私たちの予想を上回るものでした。

自己回復タンパクの新しい力 自己回復力でシワを防ぐ
前のページへ