1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. 年齢肌のために>
  3. 研究開発の軌跡>
  4. コラーゲンをつくる HSP47 〜第2話 HSP47を高めるチューリップ〜

コラーゲンをつくる HSP47

第2話 HSP47を高めるチューリップ

コラーゲンをつくるHSP47を高める

基礎研究グループ 間地大輔
基礎研究グループ 間地大輔
チューリップ

第1話 お肌のハリを保つ HSP47(ヒートショックプロテイン47)でお伝えしたように、正常なコラーゲンをつくるためにはHSP47が重要です。老化で減少するHSP47を高める素材を求めて、熊本大学と共同で探索を行いました。

たくさんの素材から探索をする中で、最も強い活性を示したのはチューリップエキスでした。

※チューリップエキスの情報はこちらをご覧ください。

様々な効果をもたらすチューリップ

チューリップエキスによるHSP47(ヒートショックプロテイン47)の発現量

実はすでにチューリップの花には、肌アレを抑える効果があることが分かっています。

今回はそのチューリップエキスに、シワやたるみを改善するという、新しい効果を発見することができました。

右のグラフのように、チューリップエキスにより、HSP47の量が多くなることが分かります。

老化で減少したHSP47の量を増やすことで正しい構造のコラーゲンをつくり、お肌に弾力を与えます。

5000種類の中から捜し求めた素材

チューリップ

チューリップには、世界中に5000種とも言われるほど多くの品種があります。美しい様々な花を咲かせるだけではなく、お肌への効果も多種多様。

チューリップのなかでも、HSP47をより高める素材を求めて試験を繰り返しました。最も強くHSP47を高めた品種が、富山県砺波市産の「ピンクダイヤモンド」でした。

すでにドモホルンリンクルでお届けしているピンクダイヤモンドという品種に新しい効果を発見できました。

最良の組み合わせ、長白参とチューリップ

自然界の多種多様な原料を組み合わせ、ひとつでは発揮できない力を生み出すことが漢方薬の魅力です。

右グラフのように、長白参エキスと組み合わせることでチューリップエキス単独よりも、プロコラーゲン(コラーゲンのもと)の量が増えることが分かりました。

HSP47に着目したことでコラーゲンの量・質をともに高めることができました。二つの原料の組み合わせがお肌へこれまでにないアプローチをします。

長白参エキスとチューリップエキスによるプロコラーゲン生産量
コラーゲンをつくる HSP47
次のページへ