チューリップエキス

美しい花が原料となる チューリップエキス

起源 チューリップの花
生産地 日本(富山県砺波市)
お肌への働き 肌アレを防ぐ
肌にハリを与える
富山県砺波市
抗炎症作用試験

5600種以上もあるチューリップの品種。トルコでは紀元前4世紀にはすでに宮廷の花として栽培され、人々を魅了したそうです。

私たちは、この花にお肌の美しさを保つ働きがあることを確認しました。たくさんの品種の中から、特に肌アレを抑える働きに優れた「ピンクダイヤモンド」を採用したのです。

チューリップ

大地の栄養をしっかり チューリップ

生産者インタビュー 処方開発グループ 永田秀尚

富山の気候、水、土。どれもがチューリップの成長に最適な環境

「チューリップを種から育てると花を咲かせるまで5年かかるんですよ」と、生産者から教えてもらいました。チューリップが生長するには、それだけたくさんの栄養が必要なのです。そんなチューリップが開花し、最も栄養が豊富な状態で収穫しています。

気候、水、水はけのよい土、そして熟練した人。美しく栄養豊富なチューリップを育てるにふさわしい場所、それがこの富山でした。

チューリップ

ピンクダイヤモンド

ピンクダイヤモンドの名の通り、ピンクの花が咲き誇ります

生産者インタビュー

美しく繊細。丹念な手入れがいる品種です

チューリップ畑の真ん中で生産者が丹念にひと株ひと株を見つめていました。ピンクダイヤモンドは病気にかかりやすく、弱っている株を見極め、ていねいに取り除くなど、熟練した技術や経験が必要なのです。

デリケートな品種、ピンクダイヤモンドは富山の豊かな環境と生産者の努力によって開花するのです。

生産者インタビュー

こまめに花や葉を見て回り、心をこめて育てています。

花びら、雄しべ、雌しべ、花ごとエキスに

花びら、雄しべ、雌しべ、花ごとエキスにしています。