夏のお悩みにさようなら!
[特集]ドモホルンリンクルで夏のお手当がきょうから楽しくなる♪
夏のお手当ヒント集特集
[特集]ドモホルンリンクルで夏のお手当がきょうから楽しくなる♪

  • お手当てがなじまない…
  • 肌がドロドロ・テカテカ・ゴワゴワ…
  • 夏の紫外線がコワイ!

初夏体験記

暑さも日差しもこわくない!
夏の生活コツ百科

夏は、お肌づくりに絶好のチャンスです!

その理由は、夏の暑さ。
気温とともにお肌表面の温度も上がり、
お手当てで与えた成分が浸透しやすくなるからです。

さらに!
「朝夜ドモ」で効果が グーンとアップ!さらに!
「朝夜ドモ」で効果が グーンとアップ!

紫外線や乾燥などから守りながらお肌の力をつける、朝のお手当て。1日のダメージをリセットし、お肌づくりの力を引き出す夜のお手当て。それを毎日繰り返すことで、お肌の調子がぐんぐん上向きに!!

一目瞭然!「朝夜ドモ効果」
4週間の社内モニターで、驚きの結果が!
※お手当て始めを100%とした場合(再春館調べ)

とはいえ、夏はベタつく…
でもこのベタつく“濃さ”は、効果のしるし!

暑い日のお手当ては重たく感じるかもしれません。でもこの“濃さ”こそが、年齢肌のためにこだわり抜いた効果のしるし!じっくりなじませればベタつきは軽減されるので、この夏はぜひ7つのヒントを参考に、楽しみながら朝夜のお手当てを続けましょう!

夏のお悩みにさようなら!
ドモホルンリンクルで夏のお手当てがきょうから楽しくなる♪
7つのヒント集夏のお悩みにさようなら!
ドモホルンリンクルで夏のお手当てがきょうから楽しくなる♪
7つのヒント集

[なじまない]暑いし、なじむまでお手当てする時間もない…。
[ヒント1]「ながらお手当て」で基本4点の1点1点の間隔を空けましょう![なじまない]暑いし、なじむまでお手当てする時間もない…。
[ヒント1]「ながらお手当て」で基本4点の1点1点の間隔を空けましょう!

暑い日など、なかなか基本4点がなじむまでしっかり時間がとれない時は、一度思い切って1点1点の間隔を空けてみてください。時間を置いてから次を重ねると、お肌への入り方が断然違ってきます。

お肌になじんでから、次のお手当てへ!

おすすめは、毎日の習慣と組み合わせる「ながらお手当て」。たとえば忙しい朝なら、洗顔後すぐ「保湿液」をつけ、朝ご飯の支度や食事、着替えと進む合間に次のお手当てをはさんでいきましょう。

お肌になじんでから、次のお手当てへ!

[なじまない]「クリーム20」とか、ベタベタする感じ。
夏はやめてもいいですか?
[ヒント2]秘技!「クリーム20」の10点おきで解決![なじまない]「クリーム20」とか、ベタベタする感じ。
夏はやめてもいいですか?
[ヒント2]秘技!「クリーム20」の10点おきで解決!

夏こそ「クリーム20」が大活躍!お肌の奥に必要なコラーゲンや大切な成分を届けます。なじみにくいと感じる場合は、秘技“10点おき”を試してみてください。なじみ方が変わって、「クリーム20」をぬり込む楽しみを発見できますよ。

  • ※角層のこと

上に戻る

[ドロドロ]汗や皮脂でドロドロ。夕方には化粧がすっかり落ちてます…。
[ヒント3」あえて「保護乳液」をたっぷりとつけましょう![ドロドロ]汗や皮脂でドロドロ。夕方には化粧がすっかり落ちてます…。
[ヒント3」あえて「保護乳液」をたっぷりとつけましょう!

ちょっと意外かもしれませんが、「保護乳液」には、皮脂をちょうどいいバランスに整えるという働きがあります。しっかりとつけるとテカりを抑えてくれるので、メイク持ちが違いますよ。

[テカテカ]昼にはテカテカ…。夏の脂浮き、何とかしたい!
[ヒント4]朝もメイク落としを使って、皮脂リセット!
[テカテカ]昼にはテカテカ…。夏の脂浮き、何とかしたい!
[ヒント4]朝もメイク落としを使って、皮脂リセット!

夏は寝ている間にも皮脂の分泌が盛んになります。余分な皮脂が残っていると、脂浮きがしやすく、よりテカテカしてメイクも崩れやすくなってしまいます。Tゾーンなど脂浮きが気になる部分には、朝でもメイク落としを使ってみてください。「化粧落しジェル」なら、うるおいを守りながらも酸化した皮脂を落とします。昼の脂浮きがだいぶ軽減されますよ。

[ゴワゴワ]夏はお肌がゴワゴワ!メイクものらないし、なんとかしたい!
[ヒント5]本気の“2回洗顔”で、柔らかに![ゴワゴワ]夏はお肌がゴワゴワ!メイクものらないし、なんとかしたい!
[ヒント5]本気の“2回洗顔”で、柔らかに!

そのゴワつき、日差しの影響で角質肥厚が起こっているのかも。そんなときは「洗顔石鹸」で本気の2度洗いを。「洗顔石鹸」なら、うるおいは残すのに余分な角質や毛穴の汚れまでしっかりと掻き出してくれます。だから2回洗っても、不思議とつっぱりません。洗い流したあと、そのすっきり感はちょっと驚きです。“2回洗顔”を毎日続けると、透明感のある柔らかなお肌になってきます。

上に戻る

[紫外線]夏場に濃くなるシミ・くすみ、やっぱりなんとかしたい…
[ヒント6]「美活肌エキス」でトントン美白※![紫外線]夏場に濃くなるシミ・くすみ、やっぱりなんとかしたい…
[ヒント6]「美活肌エキス」でトントン美白※!

夏にシミやくすみが濃くなる原因のひとつは、強烈な紫外線による炎症によってお肌のメラニン量が増えすぎること。そこで毎日の薬用美白「美活肌エキス」のお手当てが重要です!紫外線をはじめとするシミやくすみの原因に着目。透明感あふれるお肌に導きます。

楽しみながらお手当てするコツは、気になる部分に、指先でやさしくトントンダンス!たとえば、好きな曲に合わせてリズミカルにトントン。美白成分が行きわたり、お肌本来のイキイキとした輝きを呼び起こします。

  • ※美白とはメラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。

[紫外線]夏場は、夕方になると日焼けと冷房で顔がつっぱってきて…。
[ヒント7]「ドレスクリーム」で1日中ケア![紫外線]夏場は、夕方になると日焼けと冷房で顔がつっぱってきて…。
[ヒント7]「ドレスクリーム」で1日中ケア!

買い物や洗濯物干しなど、生活の中での紫外線対策は「ドレスクリーム」におまかせを。ポイントは、重ねづけとぬり直し。日焼けしやすい頬の高いところ、くすみが気になるところは念入りに重ねづけを。そして、汗をかくこの時季はこまめなぬり直しが大切!油取り紙やティッシュで皮脂をとり、「保護乳液」や「復活草」などで保湿をした後に「ドレスクリーム」をしっかりなじませます。持ち歩いてぬり直せば、1日中紫外線も保湿対策もバッチリです!

「復活草」についてはこちら!

上に戻る
  • 夏の生活コツ百科はこちら
  • お手当て広場TOPに戻る