1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. 壁紙ダウンロード:2017年

壁紙ダウンロード

今年のテーマは“漢方のある暮らし”
漢方の製薬会社から始まった再春館製薬所。私たちは自然生薬を独自に処方した「痛散湯(つうさんとう)」、自然生薬100%の薬用入浴剤「養生薬湯(ようじょうやくとう)」、そして、基礎化粧品「ドモホルンリンクル」と、漢方から学んだ知恵を生かした製品を製造しています。
”漢方”は、日本で発達した独自のもの。日本の生活に古くから根付いた漢方を取り入れて、健康な生活をテーマに、毎月オリジナルのイラストをお届けします。

最新の壁紙

過去の壁紙

  • 2017年6月「麻黄(まおう)」

    2017年6月「麻黄(まおう)」

    カレンダーなし

    麻黄(まおう)は、鎮咳作用や、利尿作用、発汗作用に効果がある生薬で葛根湯や麻黄湯(まおうとう)など、風邪の症状に用いる漢方薬にも配合されています。

    6月は雨が多い季節。梅雨時期の不調をもたらす湿気を、漢方では「湿邪」と呼びます。湿度が高いと、発汗がうまくおこなわれず、余分な水分が排出できなくなってしまいます。食事や生活のちょっとした工夫で湿邪を追い払い、梅雨をすっきりと元気に過ごしたいですね。雨の時はお家でゆっくり過ごす時間を楽しんではいかがでしょうか。
    痛散湯のご紹介はこちら

  • 2017年5月「防已(ぼうい)」

    2017年5月「防已(ぼうい)」

    カレンダーなし

    漢方では、体は気・血・水(き・けつ・すい)の3つが全身を巡り、バランスが保たれていることで、私たちの健康は維持できている、という考えがあります。このうちのどれかが不足したり、巡りが悪くなると、身体に不調をきたすことになります。防已は、とくに水を巡らす作用に優れているため、水が滞ると起こりやすいむくみや関節痛に効果があります。
    痛散湯のご紹介はこちら

  • 2017年4月「杏仁(きょうにん)」

    2017年4月「杏仁(きょうにん)」

    カレンダーなし

    痛散湯の生薬のひとつ「杏仁(きょうにん)」。この生薬はバラ科の杏の種子を乾燥させたもので、痛みに関する作用だけでなく、咳止め作用やお通じを良くする作用もあります。今月の壁紙は、杏の花が舞い散り、花盛りの山並みです。
    痛散湯のご紹介はこちら

  • 2017年3月「イチゴ花」

    2017年3月「イチゴ花」

    カレンダーなし

    お肌自らがうるおうためには天然保湿因子(NMF)がカギになります。ドモホルンリンクルの「保湿液」には、NMFにアプローチして、うるおいを与えるイチゴ花を配合しています。お肌自らがうるおうための力をサポートし、みずみずしくやわらかいお肌へ導く働きがあります。
    「保湿液」のこだわりをご紹介しています

  • 2017年2月「金時ショウガ」

    2017年2月「金時ショウガ」

    カレンダーなし

    「金時ショウガ」は「飲むドモホルンリンクル」に配合された成分です。体を温め冷えをやわらげるので冬にぴったり。お部屋の中で温かな鍋を囲み、生姜湯を飲んでホカホカの家族の様子をお楽しみください。
    飲むドモホルンリンクルのご紹介はこちら

  • 2017年1月「ゆず」

    2017年1月「ゆず」

    カレンダーなし

    日本では冬至にゆず湯をする習慣があるように、ゆずは体を温める効果があります。そして、果実や皮だけでなく種子にも、体の巡りをよくする力が秘められていました。睡眠の質に着目した「飲むドモホルンリンクル」に、高知産のゆず種子エキスを配合しています。1月は干支の酉とともにお届けします。
    ゆず種子エキスのご紹介はこちら

壁紙の設定方法

Windows
  1. 欲しい画像のサイズをクリックして大きな画像を開いて下さい。
  2. 選んだ画像の上で右クリックして「デスクトップの背景に指定」を選ぶと壁紙に指定することができます。
Macintosh
  1. 欲しい画像のサイズをクリックして大きな画像を開いて下さい。
  2. 画像の上でコントロールキーを押しながらクリックし、「画像をディスクにダウンロードする」または「画像を別名で保存」を選んで任意の場所に保存します。
  3. アップルメニューの「コントロールパネル」から「デスクトップピクチャー」
    または「アピアランス」で保存した画像を壁紙に設定して下さい。