食の養生
体の養生
「食の養生」とは、体質と食物の性質を上手に組み合わせた薬膳を食事に取り入れ、漢方治療をより効果的にするものです。
古来より中国では「医食同源」と言われ、健康維持や病気の治療にとって、食事は医療と同じくらい重要だと 考えられてきました。ご自分の体質や体調に合わせた効果的な食の養生を実践しましょう。
食の養生の実践方法
自分の体質を知る 自分の体質に合った食物を知る 食養生のための食材を知る 食物を選び、薬膳料理に取り入れる
自分の体質を知りたい

食の養生は、自分の体の状態を知ることから始めます。
漢方では、人間の体質や体調を「証」という言葉で表しています。
寒がりで手足が冷えやすい人は「寒証」、暑がりでのぼせやすい人は「熱証」と言い、どちらも体のバランスが乱れた状態と考えられ、体のバランスがとれている健康な状態は「平」と言います。

まずは、ご自分の体質を診断してみましょう。
体の証(体質チェック表)

食物の性質を知りたい
食物の性質とご自分の体質を上手に組み合わせましょう。
食物の性質は「熱・温・平・涼・寒」に分け、五性と呼んでいます。
飲食すると体を温める作用のある食物は「熱」、その程度の軽いものを「温」、また、体を冷ます働きのある食物は「寒」、その程度の軽いものを「涼」と言います。
どちらにも偏らない食物は「平」としています。食の養生では、体の「証」と食物の「五性」を組み合わせて、体をバランスのとれた痛みの起きにくい「平」体質に近づけていきます。

食物の性質一覧表

食養生のための食材を知りたい
旬の食物や効果のある食材を摂り、食の養生を実践しましょう。
旬の食物は、栄養価が高く、生命力が強いので、「季節ならではの体の不調」を治す力を備えていると言われています。季節の「外邪」から体を守る食物は、その時季に機能が低下しやすい臓器を補う働きがあります。
食の養生を効果的にする食物
春 夏 秋 冬 外邪とは

季節の薬膳料理を知りたい
ご自分の体質に合わせて、季節の「外邪」に効果的な薬膳料理を取り入れましょう。
体質に合わない薬膳料理や食物は、材料を変えたり、調理方法、食べ方を工夫することで、体質に合わせることができます。
季節の薬膳料理
春 夏 秋 冬  

再春館製薬所 〒861-2201 熊本県上益城郡益城町寺中1363-1 お電話でのお問い合わせは0120-305-305受付時間:8時〜22時(年中無休)