COOKING
食養生

寒さや乾燥が加速するこの季節におすすめレシピ「豆腐とじゃがいものグラタン」

寒さや乾燥が加速するこの季節におすすめレシピ「豆腐とじゃがいものグラタン」

秋になると乾燥の影響によって大切なうるおいが奪われがち…。体を潤す「白い食材」でしっかり乾燥対策をしましょう!豆腐は、うるおいづくりに効果があるといわれる大豆が原料です。また、寒い季節に食べたくなるチーズも体に潤いを与えると言われています。
じゃがいもやかぼちゃは元気をくれる食材で、代謝を良くしたり疲れを和らげる働きがあるとされています。かぼちゃは夏野菜ですが、追熟した秋冬頃に甘味がまし、さらにおいしく食べられると言われています。
11月は体に潤いとエネルギーをしっかり補充し、厳しい冬に備えましょう。

秋におすすめの食材

豆腐

乾燥する秋には、白い食材がぴったり!うるおいづくりに効果があると言われる大豆が原料。いまや世界的に注目されている「和」の健康食材です。

じゃがいも

代謝を良くしたり、疲れをやわらげる働きがあるとされ、乾燥や冷えが進む秋の身体づくりにおすすめです。

豆腐とじゃがいものグラタン

豆腐とじゃがいものグラタン

材料(2人分)カロリー:約407Kcal(1人分)

  • 絹豆腐 ・・・・・ 300g
  • じゃがいも(皮をむき、一口大に切る) ・・・・・ 中1個
  • かぼちゃ(一口大に切る) ・・・・・ 100g
  • ブロッコリー(小房に分ける) ・・・・・ 60g
  • 栗甘露煮 ・・・・・ 6粒
  • 顆粒コンソメ ・・・・・ 大さじ2
  • 黒胡椒 ・・・・・ 少々
  • 加熱用チーズ ・・・・・ 50g

つくり方

1絹豆腐はキッチンペーパーで包んでザルにのせ、1時間ほど水切りする。
2蒸し器にじゃがいも、かぼちゃ、ブロッコリーを入れ、5分蒸したらブロッコリーだけ取り出す。さらに追加で3分蒸して、すべて取り出しておく。
3グラタン皿に②と栗の甘露煮を盛りつける。
4水切りした絹豆腐を裏ごしし、顆粒コンソメ、黒胡椒で味をつける。
5グラタン皿に④をかけ、加熱用チーズをのせてトースターで焼く。チーズが溶けて表面に焼き色がついたら出来上がり。

CATEGORY LIST

DOMO COLUMN 年齢と共に輝き続けるひとのためのコラム

SHARE この記事をシェアする

DOMO COLUMN 年齢と共に輝き続けるひとのためのコラム