暮らし
養生を。

Yojyo

養生って、なんでしょう?

「養」う、「生」きる、と書いて
養生(ようじょう)。
養生する、とか、ご養生ください、とか。
ときおり耳にしたり目にするこの言葉には、
どんな意味があるのでしょう。

Lifestyle

なにげなくしていること、それも養生。

病気やケガを治すために
体を休める、もちろん、それも養生ですが、
例えば、よく眠る、ほどほどに食べる、
気持ちよく体を動かす。
毎日しているそんなことも、
立派な養生です。

養生は、暮らしをはずませるビタミン&スパイス。 養生は、暮らしをはずませるビタミン&スパイス。

疲れたときのビタミンや、気分をかえるスパイスのよう。
つまり養生とは、生体リズムを整えて自己回復力を
充実させる気配り、心づかい。
毎日ちょっぴり取り入れて、
暮らしを愉しくいきいきはずませましょう!

梅雨の季節って?

梅雨は、湿気によって水分代謝が落ち、老廃物を溜め込みやすくなります。それにより、むくみや胃もたれなどが起こりやすい状態に。この時期は、体の水分の滞りを改善し、老廃物を体の外へ流していくことが大切です。

  • 食養生

    体に美味しく食べるには。

    旬を迎えた野菜や果物には、自然から授かった栄養と生気が満ち溢れています。その時季特有のダメージに負けない力を与えてくれたり、不調を緩和してくれる働きを持つものも数多くあります。

    体を冷やしたり、温めたり。水分代謝を促すものや、滞りがちな血流をなめらかにするなど、食材の持つ働きを知っておくと、その時季の体調に合わせた食養生が、手軽に美味しく愉しめます。

    食べ過ぎは不調や病気を呼び寄せる原因の一つ。もうちょっと食べたい…そんな八分目程度を心がければ、胃腸に負担をかけず、毎食美味しく食べられます。

    1日のうち、どこでなにを食べるかも大切。朝は活動のスイッチONのために、きちんと食べる。夜はそれをOFFにして休息するため、夕食から朝食までの間を9時間開ける。これも立派な養生です。

  • 体養生

    いきいき元気に暮らすには。

    疲れたら湯ぶねにつかる。寒暖に応じた服装で過ごす―気遣いしながら、ちょっとていねいに暮らすと、心も体も必ず応えてくれます。運動も、今の体調に合わせて、生活の動きに気をつけたり、ちょっと負荷を上げるだけでも効果的。適度な休息をとることもお忘れなく。

    運動し過ぎると、疲れが溜まったり、体を痛めたり。逆に動かず休み過ぎても、いざというとき動けない体になってしまいます。自分の体の状態を知って、ほどほどを心がけることが大切です。

    朝は太陽の光を浴びてスイッチON。筋トレは筋肉が活性化している日中に。体をほぐすマッサージは夜ゆっくり…。生体リズムのサイクルに合わせて、動く・休むを効率的に組み合わせましょう。

  • 心養生

    心を健やかに保つには。

    いつも一本調子では疲れてしまいます。仕事やスポーツの前に、気分が上がる音楽を聴いたり。お休みは、寛げる所へ行ったり、映画を観たり。上手にメリハリをつけて、リズミカルに暮らしましょう。

    人の心には喜怒哀楽だけでなく、憂いや驚きなど様々な感情が沸き上がります。喜びや楽しみはもちろんですが、時には悲しみを自然に受け入れ涙することも、心をいきいきさせることにつながります。

    日中に活動して、夜間に休息するのが、生体リズムを乱さない暮らし方。あまり長い昼寝をしたり、夜遅くまで動き回ると、生体リズムが乱れて、心のバランスまで崩してしまう原因になります。

Rhythm

生体リズムを整える。自己回復力に満ち溢れる。 生体リズムを整える。自己回復力に満ち溢れる。

朝、日が昇ったら活動し、夜はゆっくり休息する―
私たちは自然のめぐりに寄り添った
生体リズムに乗って生きています。
加齢や環境の影響で乱れがちな
生体リズムを整えると、
体に自己回復力が満ち溢れ、
ダメージに負けない強さが宿ります。

ほんのちょっとで、大きなちがい。

養生は暮らしをはずませる、いわばビタミン&スパイス。
上手に活かして、もっと愉しく、ずっといきいき!