報道関係各位

2020年5月19日
再春館製薬所 NR20-002

〜学生や子どもたちの夢や未来のために〜
新型コロナウイルス感染症で経済的な影響を受けた
学生や子どもたちへの支援を目的に寄附と
医療従事者の方々への応援として健康食品を寄贈

 新型コロナウイルス感染症で亡くなられた方々に謹んでお悔やみ申し上げますとともに、罹患された皆様とご家族の皆様に心よりお見舞い申し上げます。また、感染拡大防止の最前線でご尽力されているエッセンシャルワーカーの皆様に心より感謝と敬意を表します。

 熊本県益城町に本社を構える株式会社再春館製薬所(本社:熊本県上益城郡益城町代表取締役社長 西川正明 以下、再春館製薬所)は、新型コロナウイルス感染拡大の影響で、経済的な影響を受けられた学生ならびに、これまで栄養ある食事や憩いの場の提供を通して、熊本の子どもたちの心身や健康を支えてこられた「こども食堂」運営者の皆様へ、少しでも早くお役に立ちたいとの想いから寄附金を贈呈いたしました。
 また、新型コロナウィルス感染拡大により、日々医療現場の最前線で働いて下さっている医療従事者の方々を応援するため、医療機関などに対して、再春館製薬所が取り扱っている健康食品を寄贈いたしました。

寄附・寄贈の概要

■贈呈金額:
再春館製薬所より
1億円
西川通子より
1億円
※熊本県の支援プロジェクトにて活用
■寄贈商品:
医療従事者の方々へ再春館製薬所 
健康食品 3万箱
■活用概要:
● 経済的な影響を受けられた学生への支援
県内の高校などを卒業され県内外の大学等に進学された方や、
県外から熊本県内の大学等に進学された約4千人に5万円給付
●「こども食堂」への支援
熊本県内75か所の子供食堂の活動再開・継続に際して、マスク、消毒液の
購入費など感染拡大防止に必要な経費の支援に1500万円給付
■「もともと熊本、ずっと熊本」


 再春館製薬所をはじめ、九州警備保障・キューネット・桜十字の西川グループは、熊本で生まれ、育てていただいた会社です。働く社員や家族、慣れ親しんだ街や人々も全て熊本。新型コロナウイルス感染拡大に際し、熊本に本社を置く私たちとしても、ふるさと熊本が困っている今だからこそ、お役に立てること、何かできることはないかと考えてまいりました。
 熊本に育てていただいた企業、熊本に根ざした地元の企業として、これからの世代に豊かな熊本・住みよい熊本を残し続け、子どもたちに夢を与えていくことが、会社として、そして社員一人ひとりの使命だと考えています。今回の寄附・寄贈について、迅速な給付により、少しでもお役に立てればと願っております。

 熊本県・熊本県民・熊本の経済界、すべてが苦しい今だからこそ、私たちにできる応援をしたいとの強い気持ちで寄付と寄贈をさせていただきましたが、再春館グループ各社は今後も、社会の一員として新型コロナウイルス感染拡大防止に最大限努めてまいります。

本件に関するお問い合わせ

株式会社再春館製薬所熊本県上益城郡益城町寺中1363-1
http://www.saishunkan.co.jp/

本社 広報 江河真喜子
TEL : 080-4458-2341(担当直通)
E-Mail : m.egawa@saishunkan.co.jp

TEL : 096-289-4444(代表)
FAX : 096-289-6000

2020年5月19日