ドモホルンリンクルと私 田邊孝子様

埼玉県 田邊 孝子様(75歳)

ドモホルンリンクルご使用歴 21年※お客様のご年齢やご使用歴などはインタビュー当時のものです。

ドモホルンリンクルと私 普段はお電話でお客様とお話しすることが多いお客様プリーザーが、実際にお客様とお会いし、お話しをうかがってきました。

心の持ちようからにじみ出る美しさ。そんなことを大切に、「美しく老いたい」って思うんです。

一人のプリーザーさんの存在で、ドモホルンリンクルとの絆がより深く。

ドモホルンリンクルとは、20年以上前に娘が私の誕生日祝いに贈ってくれたのが始まりなんですが、
ここ1〜2年、やっぱりドモホルンリンクルでよかったと思ったのは、一人のプリーザーさんとのつながりができたこと。
主人が亡くなって寂しい思いをしていた時に、たまたま注文の電話に出てくださったプリーザーさんが、
私の話に耳を傾けて、やさしい言葉をかけてくださり、とてもうれしく思いました。
お電話をするたびに本当の娘以上に話しがはずんでね。
それは私にとっての幸せ時間です。
お肌のケアはもちろん、心の安定剤や栄養剤もいただけるようで、お電話をするのがいつも楽しみなんですよ。

ゴルフをしても、冬の季節風にさらされても肌はトラブル知らず。

ドモホルンリンクルを使って、夜にしっかりお手当てすれば、朝起きたときも、お肌を見て心もウキウキします。
年間70回もゴルフに行っていたのに、ほら、そんな影響ないでしょう。
自慢じゃないけど、70代に見られたことがないの(笑)。
「肌きれいね。何使ってるの?」なんて聞かれるのも嬉しくて。
ドモホルンリンクルがこの肌をつくってくれたと感謝しています。
それにこのあたりは群馬に近く、北西には浅間山が見え、北には赤城山。
木枯らしが強く、冬がとっても厳しいんだけど、私はドモホルンリンクルのおかげでお肌がしっとりしています。
お手当ての順番を間違えないように、きちんと頭に入れてやっているから大丈夫なんです。

めざしたい「きれい」は、「美しく老いる」こと。

一般的に、皆さんは「若さを保ちたい」って思われるのでしょうが、私は「美しく老いたい」って思うんです。
派手なメイクは美しいとは思えません。
やっぱり美しさっていうのは、その人の心や品位、人間的な価値観からにじみ出るものが大切。
そんな美しさを出せるように年齢を重ねていきたいと思います。
それに、お肌は感情によって生かされているもの。
寂しく悲しい時、嬉しく楽しい時、必ずそれは肌の状態に出ます。
だから常に心身ともに健康で、楽しく毎日を過ごし、ドモホルンリンクルを愛すればこそ、それにこたえてお肌も美しく表現してくれます。
そう思いながら、これからもお手当てを続けていきたいですね。

町に笑顔を増やす活動をひとつひとつ積み重ねて。

私は34年間教師をやって、この町の教育委員長も勤めましたが、その任期を終えてからは主人が亡くなったこともあり急に寂しい思いをしていました。
それがまたプリーザーさんや、いろいろな方に励まされて元気を取り戻せたのは本当にありがたいこと。
今は75歳になりましたけど、町から依頼を受けて木目込み人形を教えたり、書道教室の指導をしたり。童謡唱歌を歌う会もつくったので、発表会をひらいて歌うこともあるんですよ。
ちょっとした発想で行動をおこせば、町の皆さんがついてきてくださる。
笑顔が増える。うれしいことですね。
そのためには健康第一、食事も手を抜きません。
朝夕にヨガをやったり、軽いダンベル運動もしています。筋力があるからゴルフも飛ばしますよ(笑)。
ドモホルンリンクルと一緒にいい肌。そしていい毎日を過ごしたいと思います。

町から依頼されて木目込人形と書道の教室を開き、皆さんに教えておられます。

  • こちらでご紹介しているのは2012年時点でのインタビュー内容です。