動 暮らしのお手当て 動 暮らしのお手当て

気晴らし体操 気晴らし体操

春は体を巡る気が落ち着かず、
滞ったり不足したりしやすい時季。
気を巡らせ、湧きださせ、整えてくれる
「気晴らし体操」

してみませんか。

気晴らし体操とは、つまり、アタマの体操のようなもの。 気晴らし体操とは、つまり、アタマの体操のようなもの。

気晴らし体操をしても、
あまり筋肉はつきません。
クイズを解いてアタマを
ほぐすのを
頭の体操って
言いますよね?
気晴らし体操もそう。
ちょこっとカラダの動きを
意識して、
気を軽く、明るく、
晴れ晴れとさせましょう。

わたしがご案内します! 【お客様プリーザー】桑原 あかり わたしがご案内します! 【お客様プリーザー】桑原 あかり

ポイントはたった3つ ポイントはたった3つ

  • その1 リズムを感じる その1 リズムを感じる
  • その2 深呼吸する その2 深呼吸する
  • その3 大きく伸びる その3 大きく伸びる

もうすでにやっているかも? もうすでにやっているかも?

お手当てでできる「気晴らし体操」は… お手当てでできる「気晴らし体操」は…

ピタピタ 1,2 1,2 トントン トントン 1,2 1,2 フウ〜 グーッ! ピタピタ 1,2 1,2 トントン トントン 1,2 1,2 フウ〜 グーッ! ピタピタ 1,2 1,2 トントン トントン 1,2 1,2 フウ〜 グーッ! ピタピタ 1,2 1,2 トントン トントン 1,2 1,2 フウ〜 グーッ!

  • 1 リズムを感じてお手当てを。 1 リズムを感じてお手当てを。

    規則的なリズムには
    気の乱れを
    鎮める効果が。
    保湿液をピタピタ、
    美活肌エキスをトントン…。

    お手当ての間、
    手と肌が奏でるリズムを
    意識するだけで、
    気が整います。

  • 2 1点使ったら深呼吸して。 2 1点使ったら深呼吸して。

    深呼吸をすると気が
    なめらかに巡りだすとか。
    1点使ったら次の1点へ
    行く前にゆっくり2〜3度。

    リフレッシュなら吸う息、
    リラックスしたければ
    吐く息を長めにしましょう。

  • 3 お手当てが終わったらグーッと伸びを。 3 お手当てが終わったらグーッと伸びを。

    うつむき加減では気が
    沈みこんでしまいます。
    お手当てが終わったら、
    両手を上げてグーッと伸びを。

    気持ちの背筋まで
    スーッと伸ばせば、
    気分もグンと上向きに
    かわります。

目に見えないけど、気は幸せを左右する
エネルギーそのもの。
お手当てしながらでもできる気晴らし体操で、
いつも、ほど良く整えて、

朗らかな春を愉しみましょう。