乾く前から始めたい 秋のちょこっと乾燥対策

秋から冬にかけては、お肌や身体が乾きはじめる季節。
いまのうちからちょっとずつ乾燥対策を!

ちょこっと飲み物対策

秋は冷たくない飲み物を

体を冷やさない常温以上の
温かな飲み物がおすすめ。
目覚めに一杯の白湯を飲むと
身体中がうるおいます。

ちょこっと湿度対策

広口の花瓶で気持ちもしっとり

加湿器はまだ早いかな…
そんな秋は、広口の花瓶に
お花を活けておくと水が少しずつ
蒸発して湿度アップ。

気持ちまでうるおいます♪

実りの秋の食養生… 旬の「うるおい食材」を!

漢方の考え方では、旬のものを食べ、
自然と調和する食養生が大切。
乾きが気になる秋におすすめしたいのは、
身体をうるおわせる力を持つ食材です。

おすすめ!旬のうるおい食材

旬の食材で食養生!秋の美肌レシピ

胃腸をうるおす!

「山いものふわふわグラタン」の写真

「山いものふわふわグラタン」

材料:2人分

  • 山いも(すりおろしたもの)(180g程度)

    1カップ

  • 山いも(1cmの角切り)

    大さじ2

  • 溶けるチーズ

    75g

  • 生クリーム

    100cc

  • 小さじ1/2

  • コショウ

    ひと振り

つくり方

  1. @オーブンを200℃に温めておく。
  2. A山いも(すりおろしと角切り)、生クリーム、塩、
    コショウをボウルに入れ、よく混ぜる。
  3. BチーズをAに入れる。この時チーズは表面に
    のせる分(大さじ1)だけ残しておく。
  4. CBを耐熱皿に入れたら、残りのチーズをのせ
    オーブンで15分程度焼く。 ※オーブンによって加熱具合が違うので、
    焼き加減を見ながら調整してください。
  5. D焦げ目がついたら、出来上がり。

旬の美肌食材memo

山いも

独特のヌルヌルには、胃腸の粘膜を
うるおして保護するムチンがたっぷり。
消化を助けて疲労を回復する
グロブリンマンナンも含まれています。

とうもろこしのイラスト

レシピ監修:飯野耀子

肺をうるおす!

「りんごとさつまいものパウンドケーキ」の写真

「りんごとさつまいものパウンドケーキ」

材料:3?4人分(175×65×45mmパウンドケーキ型1つ分)

  • りんご

    1/2玉(約140g)

  • さつまいも

    1/2本(約180g)

  • ホットケーキミックス

    80g

  • 1個

  • 牛乳

    50cc

  • 砂糖

    30g

  • サラダ油

    適量

〈A〉

  • バター

    30g

  • 砂糖

    大さじ2(18g)

つくり方

  1. @りんごは皮をむいて1.5cmの角切りにする。
    さつまいもは皮つきのまま1.5cmの角切りにして
    水にさらしておく。
  2. Aさつまいもの水切りをして、耐熱容器に入れ、
    ラップをして500wの電子レンジで3分加熱する。
  3. Bフライパンに〈A〉とりんご、さつまいもを入れて、
    りんごがしんなりするまで炒めたら粗熱がとれるまで
    冷ましておく。
  4. Cボウルにホットケーキミックス、卵、砂糖、牛乳を入れ
    混ぜておく。
  5. DCにBを入れてさっくりと混ぜ合わせる。
  6. Eパウンドケーキ型にサラダ油を薄く塗ってDを入れ、
    170℃のオーブンで20分焼いたら出来上がり。

旬の美肌食材memo

りんご

100種以上のポリフェノールなどを含む、
美肌効果の宝庫。豊富な水分でお肌や
肺などをうるおわせ
ます。また食物繊維の
ペクチンが、老廃物を追い出しやすくします。

ミニトマトのイラスト

  • 秋のお手当てヒント集はこちら
  • お手当て広場TOPに戻る