お悩みにさようなら! [特集]ドモホルンリンクルで秋のお手入れがきょうから楽しくなる♪ 秋のお手当てヒント集 お悩みにさようなら! [特集]ドモホルンリンクルで秋のお手入れがきょうから楽しくなる♪ 秋のお手当てヒント集

秋の生活コツ百科 秋の生活コツ百科
秋のお手当しだいで、お肌の運命が決まります! 秋のお手当しだいで、お肌の運命が決まります!
秋のお肌、実は大ピンチ!? 秋のお肌、実は大ピンチ!?

強烈な紫外線、暑さにエアコンの乾燥…過酷な環境から自らを守ろうとして、古い角質を溜めこんでいます。表面はゴワつき、顔色はくすみがちに。さらに湿度の急激な低下による乾燥も深刻に!!

比較図 比較図
お手当てした分、お肌は応えてくれるから。 お手当てした分、お肌は応えてくれるから。

夏に比べると、秋はお手当てがしやすい季節。毎日のお手当てで夏のダメージをきちんとリセットし、この先続く季節もいきいき輝くお肌に!

ドモホルンリンクルで秋のお手入れがきょうから楽しくなる♪ 7つのヒント集 ドモホルンリンクルで秋のお手入れがきょうから楽しくなる♪ 7つのヒント集
気になるお悩みを選んでください 気になるお悩みを選んでください
ヒント1 「美活肌エキス」+マッサージでお顔まるごと“めぐらせ大作戦!”

気温の急激な変化や夏の角質肥厚とメラニンの蓄積で、1年でいちばんくすみが気になる秋。スカッとお肌を秋晴れにするには、「美活肌エキス」+ひと工夫でお顔まるごと“めぐらせ大作戦”を!

まずは「美活肌エキス」を顔全体に指先でトントンとなじませ、その後マッサージでさらに巡りをアップ。この秋は、くもりひとつない秋晴れお肌で!

マッサージでさらに巡る肌へ
ヒント2 洗顔前の蒸しタオル&本気の2回洗顔を!

この時季の手ごわいゴワつきには、まず洗顔前に蒸しタオルを。お肌が温まって毛穴も開き、汚れを落としやすくなります。

その後、「洗顔石鹸」で本気の“2回洗顔”を。1度目は表面の汚れと余分な角質を、2度目は毛穴の奥の汚れまですっきり。うるおいを残すので2回洗ってもつっぱらず、ふんわりやわらかな素肌が戻ってきます!

蒸しタオルのつくり方
1.タオルに水を含ませ、水がしたたらない程度にしぼります。
2.電子レンジで1分(500W)温めます。
3.さっと振って少しさまし、温かさを手で確かめてから、顔にのせて蒸らします。
※ ②の後すぐに顔にのせず、必ず手で熱くないか確かめましょう。夜はメイク落とし後、洗顔前のタイミングで。
ヒント3 100円プラスで乾き知らず!「保湿液」の“200円”づけ

湿度がグッと下がる秋は、「保湿液」の力の見せどころ!ポイントは、2度づけすること。このひと手間で、お肌のうるおいが段ちがい!100円玉大の「保湿液」が、1回目はお肌表面、2回目は中までしっかり保湿します。※角層まで

詳しくはこちら 詳しくはこちら
ヒント4 「ドレスクリーム」ならでは!ガードしながらダメージケア

秋は太陽の位置が低くなるので、顔の側面をうっかり日焼けしてた!なんてことも。「素肌ドレスクリーム」を生え際やフェイスラインまでしっかりぬって “横顔のうっかり焼け”も防ぎましょう。

紫外線から守りながらも、受けてしまったダメージから回復に向けてサポート。さらに色ムラまでカバーしてくれます。秋になってもこの実力、実感してみてください。

ヒント5 シミを寄せ付けない「エキス」&「クリーム」の最強タッグ!

夏の強い日差しのせいで、いまお肌の中はシミのもとでいっぱい!このピンチを救うのは、「美活肌エキス」と「クリーム20」の “ドモ史上最強のタッグ”。

もちろん主役は「美活肌エキス」ですが、その力を存分に発揮するためには「クリーム20」のお肌のすこやかさを支える力が欠かせません!この最強タッグで、シミで悩まないすこやかお肌をめざしましょう!

ヒント6 秋の「毎日5分パック」で夏のダメージを撃退!

“お肌は夏に歳をとる”と言われます。夏のダメージを放っておくと、お肌のいや〜な悩みとしてあらわれるかも?! 基本4点の前に、毎日5分の「泡の集中パック」でお肌のダメージをときほぐしておきましょう。

濃厚な泡が密着して成分が浸透、お肌がいきいき。テレビを見ながら、お風呂に浸かりながらなど、自分の“5分”を決めてお手当てすると、楽しい毎日の習慣になりますよ。※角層まで

ヒント7 ノーメイクでも、洗顔前のメイク落としで毛穴ケア!

皮脂が詰まって毛穴が黒ずむ“イチゴ鼻”…気になる毛穴におすすめしたいのは、実は「化粧落しジェル」。

毛穴に詰まった皮脂などは、美容液たっぷりのオイルでするりと落ちて、寝ている間のベタつきも朝使えばすっきり。メイク落とし以外にも大活躍する、スグレものです!