暑さも日差しもこわくない!
夏の生活コツ百科暑さも日差しもこわくない!
夏の生活コツ百科

さらりと涼しく!汗をひかせる、夏の裏技
お風呂上がりの汗に!さらりと涼しく!汗をひかせる、夏の裏技
お風呂上がりの汗に!

冷水シャワーと背中扇風機でお手当てスイスイ!冷水シャワーと背中扇風機でお手当てスイスイ!

お風呂から上がる直前に、冷たいシャワーを足にかけると、サッと汗がひきます。また、お手当てをしている時、背中から扇風機を当てると心地良くお手当てできます。

汗だくの朝に!汗だくの朝に!

ホットタオルで全身涼しく!ホットタオルで全身涼しく!

寝起きは汗でベタベタ、シャワーを浴びてもかえって汗がふき出してなかなかメイクできない…そんな朝のおすすめはホットタオル。首や鎖骨、脇の下など汗が気になる部分を拭くだけで、忙しい朝でも素早くさっぱり!熱めのタオルで拭くことで血行を高め、拭いた後はすーっと涼しく過ごせます。

“濃さ”がキメ手!?
夏のサングラスの選び方!!“濃さ”がキメ手!?
夏のサングラスの選び方!!

メラニンは目から入った紫外線からもつくられます。夏場はサングラスでUVカットして、メラニン生成を防ぎましょう。ただし、目が見えないほど色の濃いものは瞳孔が開き、かえって紫外線が入りやすくなるので、UVカット加工された薄めの色を選びましょう。

上に戻る

お肌も体も夏バテ知らず!?
夏の美肌レシピ

美肌と元気を養う!
とうもろこしと枝豆の冷製スープ美肌と元気を養う!
とうもろこしと枝豆の冷製スープ

材料:2人分
とうもろこし…1/2本(可食部分約100g)
枝豆…20サヤ
ベーコン…1枚
玉ねぎ…1/4個
パセリ(みじん切り)…小さじ2
サラダ油…大さじ1/2
水…2カップ
コンソメ顆粒…小さじ1強
塩・コショウ…少々材料:2人分
とうもろこし…1/2本(可食部分約100g)
枝豆…20サヤ
ベーコン…1枚
玉ねぎ…1/4個
パセリ(みじん切り)…小さじ2
サラダ油…大さじ1/2
水…2カップ
コンソメ顆粒…小さじ1強
塩・コショウ…少々

つくり方つくり方

  • 1.とうもろこしは実を芯から削ぎ取る。
    枝豆は茹でてサヤから出す。ベーコン、玉ねぎはとうもろこしの粒の大きさくらいの角切りにする。
  • 2.鍋にサラダ油を熱し、ベーコン、玉ねぎを炒め、透明になったら、とうもろこしを加えサッと炒める。
    水とコンソメ、とうもろこしの芯を入れて、鍋のふたをずらして弱火で20分ほど煮込む。
  • 3.芯を取り出し、枝豆を加え、塩・コショウをして味を整える。
  • 4.粗熱が取れたら、冷蔵庫で冷やす。
  • 5.器によそいパセリを振る。

旬の美肌食材memo:とうもろこし
腸をきれいにする食物繊維がサツマイモの約4倍も。
利尿作用を促すカリウム、疲労回復を助けるビタミンB1など、美肌と元気を養う栄養の宝庫です。旬の美肌食材memo:とうもろこし
腸をきれいにする食物繊維がサツマイモの約4倍も。
利尿作用を促すカリウム、疲労回復を助けるビタミンB1など、美肌と元気を養う栄養の宝庫です。

上に戻る

暑い夏を乗り切る!
ミニトマトと豆腐の三色サラダ暑い夏を乗り切る!
ミニトマトと豆腐の三色サラダ

材料:2人分
ミニトマト…10個
木綿豆腐…200g
キュウリ(7〜8mmの角切り)…1本
玉ねぎ(みじん切り)…1/3個
大葉(みじん切り)…4枚
大葉(千切り)…4枚
塩…少々(調味料用:混ぜ合わせておく)
米酢…大さじ2
オリーブオイル…大さじ1 1/2
塩…小さじ1/4
砂糖…ふたつまみ材料:2人分
ミニトマト…10個
木綿豆腐…200g
キュウリ(7〜8mmの角切り)…1本
玉ねぎ(みじん切り)…1/3個
大葉(みじん切り)…4枚
大葉(千切り)…4枚
塩…少々(調味料用:混ぜ合わせておく)
米酢…大さじ2
オリーブオイル…大さじ1 1/2
塩…小さじ1/4
砂糖…ふたつまみ

つくり方つくり方

  • 1.豆腐に塩を振りかけ、キッチンペーパーなどに包み、「重し」をしてしっかり水切りし、2cmの角切りにする。
    ミニトマトはヘタをとり、半分に切っておく。
  • 2.ボウルなどで混ぜ合わせておいた調味料に大葉(みじん切り)を加えて、さらによく混ぜる。
  • 3.ミニトマト、豆腐、キュウリ、玉ねぎを入れて和える。
  • 4.皿に盛りつけ、大葉(千切り)をのせる。

旬の美肌食材memo:ミニトマト
抗酸化力のあるβカロテンが、普通のトマトの約2倍も含まれています。
さらに、血流を促すリコピン、体内の熱を冷ますカリウムなど、暑い日を乗り切るための栄養が満点です。旬の美肌食材memo:ミニトマト
抗酸化力のあるβカロテンが、普通のトマトの約2倍も含まれています。
さらに、血流を促すリコピン、体内の熱を冷ますカリウムなど、暑い日を乗り切るための栄養が満点です。

上に戻る

紫外線と疲れに負けない! 
なすと油揚げの炒め煮紫外線と疲れに負けない! 
なすと油揚げの炒め煮

材料:2人分
なす…3本
油揚げ…1枚
ししとう…6本
サラダ油…大さじ2
(調味料用:混ぜ合わせておく)
出汁…1カップ
薄口醤油…大さじ1 2/3
みりん…大さじ1 2/3
砂糖…小さじ1弱材料:2人分
なす…3本
油揚げ…1枚
ししとう…6本
サラダ油…大さじ2
(調味料用:混ぜ合わせておく)
出汁…1カップ
薄口醤油…大さじ1 2/3
みりん…大さじ1 2/3
砂糖…小さじ1弱

つくり方つくり方

  • 1.なすはヘタを取り、縦半分に切ってから、皮目に細かく切れ目を入れ、水につけてアクを抜く。(切れ目があると味が染み込みやすくなります)
  • 2.油揚げは湯通しをして、水気を拭き、3cm幅に切る。
  • 3.鍋にサラダ油を熱し、水気を拭いたなすと、ししとうを焼く。
  • 4.焼き目が付いたら、調味料と油揚げを入れ、落とし蓋をして、弱火で10分ほど煮る。

旬の美肌食材memo:なす
紫外線から皮膚を守る働きがあると言われる抗酸化成分アントシアニンや、むくみを解消するカリウムも含まれています。旬の美肌食材memo:なす
紫外線から皮膚を守る働きがあると言われる抗酸化成分アントシアニンや、むくみを解消するカリウムも含まれています。

レシピ監修:料理研究家 渡邉 佳子

上に戻る
  • 春のお手当てヒント集はこちら
  • お手当て広場TOPに戻る