紫外線によるダメージとは?

紫外線によるダメージとは? 〜光老化が引き起こすもの〜

紫外線が肌に良くない、というのは、よく知られていることです。
では、紫外線が肌に対してどのようなダメージを与えているのか、ご存知でしょうか?
紫外線には「UV-A」と「UV-B」「UV-C」という種類があります。
UV-Aと呼ばれる種類の紫外線は、真皮にまで届き、お肌のハリや弾力を保っているコラーゲンなどの成分を壊してしまいます。さらに、UV-Aは曇りやガラスも通り抜けて私たちの身体やお肌に降り注ぎます。
ですから曇りの日や、家の中でも対策が必要なのです。

また、強い日差しの下にいる時に起きてしまいがちな日焼けは、UV-Bが原因です。
UV-Bはメラニンをつくる細胞(メラノサイト)を活性化させたり、お肌の表面に赤く炎症を起こしてしまったりします。この状態が、一般的に「日焼け」と呼ばれています。

紫外線は、お肌の表面だけではなく、お肌の内部を壊し、自己回復力を低下させてしまいます。
お肌が傷ついたり、炎症が続くことで、必要以上のメラニンがつくられ続けてしまうのです。
ですから、日頃からの紫外線対策が必要なのです。

Tips

ダメージが蓄積すること、お肌への破壊力が強いことを考えると、紫外線対策はとても大切です。逆を返せば、きちんと対策をすることでお肌への影響を減らすことができ、この先のお肌が全く違う輝きを持てるのです。

次は今日からできる「光老化対策」