冬のお肌は傷つきやすい。悩みの犯人は「冷え」と「乾燥」?

いちだんと強まる冷えと乾燥に、お肌のリズムは
乱されています。温度がぐんと下がるほどに、
お肌もどんどん乾燥しやすくなる…。
さらに悪いことに、お肌の温度である
「皮膚温」が下がるほどに、
お手当てのなじみも悪くなってしまうんです。

乾燥でお悩みのあなたへ

冬の肌トラブルの主な原因は、乾燥。
乾燥からくる肌トラブルを防ぐ基本は、
やっぱり保湿ですが、それ以外にも
それぞれのお悩みに合わせたお手当てで、
この冬を乗り切りましょう!

ヒント1 乾きやつっぱりを感じたら、「保湿液」前の蒸しタオル。

お肌の乾きやつっぱりを感じたら、洗顔後に
蒸しタオルを。蒸らされて柔らかくなったお肌に
保湿液がすっとなじみます。10秒数えながら、
両手で顔をやさしく押さえ込むと、
気持ちいいくらいぐんぐん入っていきますよ。

※蒸しタオルはレンジで1分くらい温めてから、さっと振って粗熱をとって使いましょう。

うるおいを満たす

やさしくていねいに

保湿液の画像
このヒントいいね!と思った方はclick クリックありがとうございました

ヒント2 乾燥小ジワ※には「泡の集中パック」でうるおい補給。

隠そうとしてファンデをぬり込むと、
ますます目立ってしまうこともある乾燥小ジワ
大事なお出かけの前の夜には
「泡の集中パック」でうるおい補給を!
濃厚泡で5分蒸らすと、しっとり柔らかなお肌に。

※効能評価試験済み

お肌の水分量

泡を同じ方向にぬるのがコツ

泡の集中パックの画像
このヒントいいね!と思った方はclick クリックありがとうございました

ヒント3 目もと口もとのつっぱりには、「保護乳液」の2度づけで。

目もと口もとなど、皮膚の薄い部分は乾燥を
感じやすいもの。基本4点の仕上げに
「保護乳液」のうるおいベールで徹底保湿を。
顔全体を両手でやさしく
押さえ込んでから気になる部分に
2度づけすると、しっとり感が長続きします。

保護乳液のベールで、ダメージに負けないお肌へ導きます。

手のひらでベールをかけるように

保護乳液の画像
このヒントいいね!と思った方はclick クリックありがとうございました

ヒント4 メイクがのりにくい日は、「素肌ドレスクリーム」を。

冬にメイクがのりにくいのは、乾燥でお肌表面が
毛羽立つから。「素肌ドレスクリーム」は
夏の紫外線対策でおなじみですが、実は冬場、
1日中うるおいを守る働きも。お肌の凹凸や
色ムラも補正して、お化粧のりもバッチリ!

ここまでなじませるのがポイント

小鼻や目もと・口もとは指先で

素肌ドレスクリームの画像
このヒントいいね!と思った方はclick クリックありがとうございました

ハリが気になるあなたへ

冬の寒さから代謝が低下し、
お肌のハリや弾力が失われ、
たるみが進行していくことも。

ヒント5 ハリ不足や毛穴が気になるときは、「クリーム20」をじっくり。

寒くなると血行不良で栄養が行き届かず、
お肌がゆるみがちに。「クリーム20」を
じっくりぬり込んで、本来のハリを取り戻しましょう!
毎日使えば弾むようなハリ、
美しいツヤが満ちあふれるお肌に。

じっくりぬり込んで、ハリ、ツヤの源へ

クリーム20の画像
このヒントいいね!と思った方はclick クリックありがとうございました

くすみをなんとかしたいあなたへ

冬場の陽射しにも紫外線はしっかり
含まれています。気付かず過ごすと
メラニンが増えてくすみのもとに。

ヒント6 くすみには、「美活肌エキス」でメラニンにアプローチ。

「美活肌エキス」は、お肌をめぐる様々な働きを
整えて、くすみのもとになる過剰なメラニンを
つくり過ぎないようにします。
きちんと使うことで、お肌の明るさ、
透明感が増して、シミ・くすみの
不安のないお肌へ導きます。

健やかにめぐる、透明感あふれるお肌へ

美活肌エキスの画像
このヒントいいね!と思った方はclick クリックありがとうございました
  • 寒さも乾燥も、上手に乗りきる! 冬の生活コツ百科
  • お手当て広場