お肌の悩み 2021.08.11

朝と夜のスキンケアの違いって? スキンケアの目的や手順をご紹介

朝と夜のスキンケアの違いって?スキンケアの目的や手順をご紹介

日々のスキンケアは欠かせませんが、朝と夜ではスキンケアの目的が異なります。健やかなお肌を保つためにも、朝と夜で異なるスキンケアの目的や手順を知り、正しいスキンケアを実践することが大切です。
今回は、朝と夜のスキンケアについてご紹介します。お肌にお悩みを抱えている方、スキンケアについてもっと知りたい方はぜひご一読ください。

朝と夜のスキンケアの目的の違いって?

朝と夜のスキンケアでは、以下のように目的が異なります。

・睡眠時にかいた汗や皮脂汚れなどを落とす
・お肌を保湿し、紫外線などの外的刺激から守る
・メイクや皮脂汚れ、外気でついた汚れを落とす
・紫外線や花粉など、日中の外的ダメージからお肌を回復する

朝のスキンケアの目的は「日中のダメージからお肌を守るため」であり、夜のスキンケアの目的は「日中に受けたダメージからお肌を回復させるため」です。
どちらのスキンケアもお肌のためには欠かせないため、やさしく丁寧にケアを続けることが大切です。

朝のスキンケアの手順とは

朝のスキンケアの手順とは

忙しい朝の数分は、無駄にできない貴重な時間です。「ゆっくり腰を落ちつけてケアする時間がない」という方もいるでしょうが、しっかりなじむまで待たなくても大丈夫。家事や出勤準備の合間の“ながら”ケアで手早くお肌を整えましょう。
朝のスキンケアの手順は、以下のとおりです。

1.洗顔でお肌をきれいにする

起床したら、洗顔でお肌をきれいにしましょう。お肌は、寝ている間にかいた汗や皮脂で汚れており、水洗いでは落とせません。洗顔料をしっかり泡立て、お肌を擦らないように注意しながらやさしく洗ってください。
また、水の温度はぬるま湯がベストです。熱すぎても冷たすぎてもお肌の潤いを奪う原因になるため、ちょうど良い温度に調整し、すすぎ残しがないように丁寧に洗い流しましょう。

洗顔後は、タオルをやさしく顔にあてて水分を拭き取ります。

なお、洗顔後から保湿液(乳液・クリーム)まではノンストップが一般的です。間をあけずに一気にスキンケアを進めてください。

2.化粧水で潤いを補給

洗顔後は、化粧水を塗りましょう。化粧水は、お肌に水分を与え、キメを細かく整えてくれます。また、美容液や乳液の浸透を助ける働きもあるので、欠かさず行うようにしてください。

3.美容液でお肌に栄養をプラス

化粧水のあとは、美容液でお肌に栄養を与えましょう。美容成分をぎゅっと濃縮した美容液が必要なものをすみずみに届け、シミやくすみのもとを溜め込まないお肌へと導きます。

4.乳液・クリームで水分を閉じ込める

乳液・クリームは、お肌に保湿成分を閉じ込め、水分の蒸発を防ぐ役割があります。
脂性肌(オイリー肌)だからと乳液・クリームのケアを省く方がいますが、乾燥を助長させてより皮脂分泌を促すきっかけとなっているかもしれません。

5.日焼け止めで念入りな紫外線対策

日中の紫外線ダメージからお肌を守るために、日焼け止めもしくは日焼け止め効果のある化粧下地を使用しましょう。紫外線防御効果は製品に記載されており、SPF値(10〜50)やPA値(+〜++++)などで示されています。

夜のスキンケアの手順とは

夜のスキンケアの手順とは

忙しい朝とは異なり、夜は比較的時間がとりやすいですよね。今日一日のダメージをしっかりリセットし、眠っているときに失われる水分を最小限にするために、ゆっくり丁寧にケアを行いましょう。
夜のスキンケアの手順は、以下のとおりです。

1.クレンジングでメイクや皮脂汚れをオフ

メイクや皮脂汚れを落とすために、クレンジングを行いましょう。適量を手にとり、顔の内側から外側に向けて円を描くようにやさしく伸ばしながらメイクとなじませます。
メイクが浮き上がったら、ぬるま湯でしっかり洗い流しましょう。

2.残ったお肌の汚れを洗顔で除去

洗顔料をきめ細かい泡になるまで泡立てたら、やさしく包み込むように洗いましょう。そうすることで、クレンジングで洗い流せなかった汚れや古い角質をきれいに除去できます。お肌へのダメージを最小限にするために、皮脂分泌が活発な額や鼻、あごを先に洗い、次に乾燥しやすい頬や目元、口元を洗うように心がけましょう。
洗顔後は、肌ざわりのいいタオルなどをあてて水分を拭き取ってくださいね。

3.化粧水でたっぷり保湿する

洗顔後は、化粧水でお肌を保湿します。化粧水によってこわばったお肌をやわらかくほぐし、美容液や乳液が浸透しやすくなるようにしましょう。

4.美容液で日中の肌ダメージをケア

日中、紫外線や花粉、乾燥した空気などにさらされたお肌はお疲れモードです。美容液でお肌に栄養をたっぷり与え、肌ダメージをリセットしましょう。

5.乳液・クリームで水分を逃がさないようにフタをする

乳液・クリームでお肌に潤いを閉じ込めましょう。日焼け止めやメイクを行う必要がない夜は、しっとりタイプの乳液・クリームがおすすめです。

朝と夜のスキンケアの目的に合わせて丁寧に

朝と夜ではスキンケアの目的が異なるため、どちらも目的に合わせて丁寧に行うことが大切です。
忙しい朝のスキンケアは「自分のペースで無理なく続けること」を、夜のスキンケアは「ゆっくり時間をとり、やさしく労ること」を意識しましょう。楽しみながら続けることで、お肌はより一層輝きを放ちます。

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れる様々な悩みの根本的な原因をご存じですか?それは、お肌本来に備わる健やかになろうとする力が低下していること。根本的に改善するためには、お肌が本来持っている「自己回復力」を引き出すことが大切です。ドモホルンリンクルは、それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

ドモホルンリンクル 無料お試しセット お申込みへ
お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決 お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み