保湿液

保湿液のお手当て方法 うるおいがグンと
2倍になる!

本当に2回やったほうがいいの?

誰でもCMみたいに吸いつく!お肌が芯からうるおう2つのポイント

  • point12回に分けてなじませる!
  • point2たたき込みは強くせず、
    やさ〜しくお肌を
    包み込むように

point1

2回に分けてなじませる!

保湿液は、100円玉大の量を手のひらに取り、お肌になじませること×2回のお手当てをします。
1回目は、お顔全体を潤すために。2回目は、潤いをお肌に届けるために。
よりお肌がもちもちっとして、CMのように頬に手のひらが吸いつくのを実感できます!

※角層深部

2回にわけるとは?

check

手のひらに出して、確認してみてください

100円玉大×2

2回なじませると…

2回に分けると、90分後の水分量がこんなに違う!

check

※再春館調査結果

check

2回目は
奥までしっとり。
こんなに吸いつく!

point2

たたき込みは強くせず、
やさ〜しくお肌を
包み込むように

保湿液をお肌に浸透させようとすると、どうしても強くたたき込んでしまうこと、ありませんか?
お肌へ刺激を与えずに浸透させるためには、とにかく“やさしく”お手当てすることが大事です。

※角層深部

お顔に手を近づけて やさしく やさしく

コツを動画でみる

保湿液をお肌にたたき込むときは顔と手の距離をあけすぎない

※距離をあけすぎると必要以上に強くたたき込んでしまい、お肌の負担になってしまいます。

2つのポイントを意識すると、しっとりみずみずしいお肌の完成です!

保湿液