保護乳液

保護乳液のお手当て方法 隙のないバリアは
押え込んでつくる

ベタベタする気がして量を減らしちゃうんだけど?

一日中うるおい続くお肌づくりのための2つのポイント

  • point1しっかり1プッシュ!
  • point2手のひら全体を使い、
    「顔にふたをするように」
    押え込む!

point1

しっかり1プッシュ!

保護乳液はこれまでのお手当てで与えた成分をうるおいのベールでしっかり閉じ込め、
ダメージから護り抜きます。
大事なのは、その量。お手当てが顔全体に行きわたるためにもしっかり1プッシュを使うことがコツです。

check

しっかり
1プッシュ!
押し切りましょう。

point2

手のひら全体を使い、
「顔にふたをするように」
押え込む

手のひら全体を使うことで、お顔のすみずみまで、じっくりなじませることができます。

1、2、3と数えながら3秒間隔で

「1、2、3」と3秒間数えながら、手のひらで顔を包み込むように押え込みます。

※こすらずにゆっくり押え込みます。

なじんだ合図もチェック!!

  • 水っぽさがなくなり、手が離れやすくなったらなじんだ合図です。