ほうれい線ができやすい人の特徴って? 原因と目立たなくする3つの新習慣

ほうれい線ができやすい人の特徴って? 原因と目立たなくする3つの新習慣

年齢とともに気になってくる「ほうれい線」は、見た目年齢を上げてしまう原因です。少しでも改善しようとスキンケアを頑張る女性は多いですが、「どうにも実感がわかない」「薄くなるどころか前よりも濃くなっている気がする」という方もいるでしょう。
女性の美を著しく損なうほうれい線ですが、日々のケアによって改善できる可能性があります。

そこで今回は、ほうれい線の原因と目立ちやすい人の特徴、よくある悩み、ほうれい線を目立たなくするためのケア方法についてご紹介します。ほうれい線にお悩みの方は、ぜひご一読ください。

ほうれい線が濃くなってしまう原因

ほうれい線が濃くなってしまう原因

ほうれい線が濃くなる原因は、おもに以下の3つの要因が関係しています。

  1. 頬のたるみ
  2. お肌の乾燥
  3. 間違った
    スキンケア

\ 原因1 /頬のたるみ

頬を支えている筋力が衰え、お肌のハリが失われると、頬は下がってしまいます。頬のたるみは、ほうれい線が目立ちやすくなる原因なので、表情筋やお肌のハリをキープすることが大切です。

また、頬のたるみは急激な体重の増減によって悪化することもあります。無理なダイエットによる体重減少や、暴飲暴食・運動不足による体重の増加には注意が必要です。

\ 原因2 /お肌の乾燥

お肌が乾燥すると、ほうれい線が目立ちやすくなります。「ほうれい線の目立ち具合が日によって異なる」「冬のほうがほうれい線が目立っているように感じる」という場合は、お肌の乾燥が原因と考えられます。

ほうれい線は鼻と唇につながっているので、話したり笑ったりして鼻や唇が動くとほうれい線も動きます。お肌が乾燥した状態は、乾いた紙のようなもの。折り目をつけると跡が残るように、ほうれい線のラインはお肌が乾燥しているほど深く刻まれてしまいます。

\ 原因3 /間違ったスキンケア

若々しいお肌を保つために、スキンケアに力を入れている方は多いでしょう。しかし、クレンジング・洗顔時にゴシゴシと擦ったり、過度な洗顔・ピーリングを行ったりすると、角質層が傷ついてお肌にしわができやすくなります。当然ながら角質層へのダメージはほうれい線にも影響するため、自身のスキンケア方法を見直すことが大切です。

ほうれい線が目立ちやすい人の特徴

ほうれい線が目立ちやすい人の特徴は、以下のとおりです。

\ 特徴1 /うつむきがち、または片方ばかり向いて寝ている

ほうれい線は頬のたるみによって悪化するため、うつむきがちな方や、片方ばかり向いて寝ている方は、重力によって頬がたるみ、しわが固定されてしまいます。そうするとほうれい線が深くなり、気づいたときにはくっきりと目立ってしまうのです。

\ 特徴2 /片側の口ばかりで咀嚼している

食事をするとき、片側の口ばかりで咀嚼(そしゃく)している方は注意が必要です。片側ばかりで噛むと顔のバランスが悪くなり、口元のしわが固定されやすくなります。結果、ほうれい線の悪化を招くため、左右でバランスよく噛むクセをつけるようにしましょう。

\ 特徴3 /乾燥肌、またはお肌の乾燥を助長させる生活をしている

前述したように、お肌の乾燥はほうれい線を悪化させる要因です。現在、乾燥肌で悩んでいる方はもちろん、お肌の乾燥を助長させる生活をしている方は、ほうれい線が目立ちやすくなるため注意しましょう。
たとえば、紫外線はお肌の乾燥を招く要因の一つ。日焼け止めや日傘などの紫外線対策を怠ると、身体の水分が失われてしまい、ほうれい線の跡が残りやすくなります。

このほか、不規則な食生活によって栄養バランスが乱れている方、喫煙している方もお肌の乾燥や代謝異常を引きおこすため、ほうれい線ができやすくなるのです。

ほうれい線のよくあるお悩みについて

ほうれい線のよくあるお悩みは、以下のとおりです。

  • ほうれい線が目立つようになってきて、自信がもてなくなった。
  • 最近ほうれい線が目立ってきて、シワにファンデーションがたまってしまう。
  • 乾燥などで目のまわりの小じわやほうれい線が目立ってきていて、年を感じる。
  • 表情ジワが残っている感じがする。
  • 年齢のせいか、ほうれい線と目尻のシワが目立ってきた。
  • 年齢とともに毛穴の黒ずみやたるみが出て、ほうれい線とおでこのしわが目立つようになった。
  • 若く見えると言われるだけに、ほうれい線とか目元のシワが気になりだした。
  • ほうれい線はあるが、年なので仕方ないと思っている。
  • 目じりのしわはそこまで目立っていないが、口元のほうれい線は気になる。
  • 加齢とともに目元、口元にしわができ、ほうれい線があることでどことなくしぼんで見える。

ほうれい線に関するお悩みでよく見られるのが、「年を感じる」というもの。ほうれい線は見た目年齢を上げる要因となるため、ほうれい線があることで老化を感じる方は多いようです。
「どことなくしぼんで見える」という悩みは、たるみによって表情が下がり気味になってしまうことが原因でしょう。たるみは、お肌のハリが失われている証拠。逆に、ぱつぱつとしてハリのあるお肌はほうれい線が目立ちづらいので、若々しい印象を与えます。

何よりも、ほうれい線によって著しく自信を失ってしまうケースが多いというのが問題です。美しさは内なる自信からみなぎるもの。ほうれい線が気になる方は、早めにほうれい線対策に乗り出すことをおすすめします。

コラーゲン配合のドモホルンリンクルでハリツヤ体験

まったく新しい未体験のエイジングケア

ほうれい線を目立たなくする方法

ほうれい線を目立たなくする方法

ほうれい線を目立たなくする方法は、以下の3つです。
日々のルーティンにしっかりと組み込み、長く丁寧に実践しましょう。

  1. 表情筋を
    鍛える
  2. 定期的に
    マッサージを
    する
  3. 正しい
    スキンケア方法を
    心がける

\ 方法1 /表情筋を鍛える

表情筋を鍛えれば頬を支える筋力がアップするため、たるみの抑制、ひいてはほうれい線の改善に効果的です。
表情筋を鍛える方法はいくつかありますが、発声によって表情筋を動かすとバランス良く鍛えられます。やり方は簡単で、口を大きく動かしながら「あ・い・う・え・お」と発声するだけです。頬のたるみの予防・改善に効果が期待できるため、日々の習慣に取り入れてみてはいかがでしょうか。

また、後頭部から背中にかけて広がる「僧帽筋(そうぼうきん)」をマッサージしたり、ストレッチしてほぐしたりするのも、ほうれい線対策に効果的です。表情筋はいくつもの筋肉とつながっているので、頭や背中、首、デコルテの筋肉にアプローチすることで改善効果が見込めます。

このほか、ガムを噛んだり、固いものをよく噛んで食べたりすると口まわりの筋力を鍛えられるため、ほうれい線の改善に役立つでしょう。

\ 方法2 /定期的にマッサージをする

マッサージによって頬骨の下に並ぶ靭帯をほぐすことで、表情筋やお肌のハリを保つことができます。親指で押し上げるだけなので誰でも簡単にできますし、1日計2分で良いので隙間時間に行えます。
靭帯をほぐすマッサージは、以下のとおりです。

  1. 小鼻の横、頬骨の下あたりに親指をあて、斜め上に押し上げて3秒間キープします。
  2. 頬骨に沿って外側に指を移動させながら、マッサージを続けましょう。
  3. 頬骨の端(目尻の下、延長線上)までマッサージしたら、完了です。

上記のマッサージを1日2分間行いましょう。マッサージは連続して2分間行っても良いですし、1分ずつ、朝夜に分けて行っても大丈夫です。
「痛いけど気持ち良い」と感じるくらいの力加減がベスト。痛いと感じる方は頬下の靭帯が硬くなっている証拠。マッサージはむくみ対策にも効果的です。

なお、マッサージのタイミングはお風呂上がりや、スキンケアタイムがおすすめです。

\ 方法3 /正しいスキンケア方法を心がける

ほうれい線のスキンケアは、肌を乾燥させないことが重要です。普段の保湿に加えて、週に一度程度、ほうれい線ができる口元などを部分的にケアしましょう。
コラーゲンが配合された基礎化粧品を使用したり、朝も夜も欠かさずスキンケアをするなど、日ごろのスキンケアを丁寧にすることを心掛けましょう。

なお、せっかく保湿をしてもお肌の乾燥を助長させる生活を続けると効果が半減してしまいます。日ごろから紫外線対策を行い、タバコを吸っている方は禁煙・節煙を心がけてくださいね。

コラーゲン配合のドモホルンリンクルでハリツヤ体験

まったく新しい未体験のエイジングケア

口もとをしっとり、ふっくら。コラーゲンの力でお肌をしっかり整えましょう。

ほうれい線があると一気に老けた印象になりますが、逆に改善できれば若々しい見た目を手に入れることができるということです。
ケアに遅すぎることはありません。
深く刻まれてしまったほうれい線でも、表情筋を鍛えたり、マッサージやスキンケアを行ったりすることが大切です。
重要なことは、どれだけ継続できるかです。年齢に見合った美しさを保つためにも、日々のケアを念入りに行い、ほうれい線へアプローチを続けてみてください。

お肌に欠かせないのが、うるおいやハリのもと、コラーゲンです。

年齢を重ねたお肌は、みずからきれいになろうとする力、自己回復力が衰えています。
すると、細胞が元気をなくしてしまったお肌に乾燥や紫外線が追いうちをかけて、コラーゲンの量や質が落ちてしまいます。
特に皮膚の薄い口もとにお悩みがあらわれがちに。
お悩みを深めないためには、お肌がコラーゲンを毎日つくりだし、うるおいとハリで満たされることが大切なのです。

コラーゲン力を届けるためうるおわせる。ドモホルンリンクルの「保湿液」

「保湿液」にもコラーゲン?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
コラーゲンは、お肌のハリはもちろん、水分を抱え込む保湿力も抜群なんです。
その中でも、お肌に長くとどまる鱧コラーゲンを配合。
お肌がうるおいで満ちていると、コラーゲン力が届きます。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

保湿液画像

保湿液の商品詳細はこちら

コラーゲン力が勢いづける。ドモホルンリンクルの「美活肌エキス」

「美活肌エキス」にもコラーゲン力に欠かせない働きがあります。
お肌の角層深くに働きかけてハリを与えるオウバクエキスを配合。
お肌をいきいきさせて、巡りを後押ししてくれます。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

美活肌エキス画像

美活肌エキスの商品詳細はこちら

コラーゲン力がハリを引き出す。ドモホルンリンクルの「クリーム20」

「クリーム20」は、お肌のハリをとことん引き出すために磨き続けてきた1本です。しぼみがちなお肌をすこやかにはぐくみ、弾ませ、力づけ、守るために。
たどり着いたのは、"百草の王"と呼ばれる高麗人参の最高峰。その力を余すところなく発揮し、再春館製薬所だけのコラーゲンケアを支えています。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

クリーム20の画像

クリーム20の商品詳細はこちら

与えたコラーゲン力を護る。ドモホルンリンクルの「保護乳液」

せっかく与えたコラーゲン力も、外からのダメージや刺激を受けてしまっては台無しに。
「保護乳液」の"護る力"は、お肌が持つ三層のバリアを強化して、うるおいやハリを保ちます。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

保護乳液の画像

保護乳液の商品詳細はこちら

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れる様々な悩みの根本的な原因をご存じですか?それは、お肌本来に備わる健やかになろうとする力が低下していること。根本的に改善するためには、お肌が本来持っている「自己回復力」を引き出すことが大切です。ドモホルンリンクルは、それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

年齢肌のお悩み そのすべてに アプローチ
ドモホルンリンクルのこだわり人に寄り添う。肌に向き合う。詳しく見てみる

CATEGORY LIST

商品一覧
暮らしにちょっぴり養生を。詳しくはこちら

SHARE この記事をシェアする

暮らしにちょっぴり養生を。詳しくはこちら

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み