お肌の悩み 2021.08.11

角質肥厚の原因と改善方法って? お肌のゴワつきを招くNG行為とは

角質肥厚の原因と改善方法って?お肌のゴワつきを招くNG行為とは

「お肌のゴワつきが気になる」「昔ほどハリがなくなった気がする」など、年齢とともにお肌の不調を感じている方は少なくありません。あなたが感じているお肌のゴワつきは、「角質肥厚(かくしつひこう)」が原因かもしれません。角質肥厚をそのままにしていると、お肌の透明感やハリが失われてしまうため、早めに対策を行いましょう。

今回は、角質肥厚の概要、原因、予防・対処法などについてご紹介します。
お肌のゴワつきは、老化のサイン。スキンケアや生活習慣を見直し、健やかなお肌を保ちましょう。

「角質肥厚」とは

お肌のゴワつきの原因は「角質肥厚(かくしつひこう)」によるものです。
本来、お肌はターンオーバーによって健やかな状態を保っています。しかし、さまざまな要因によってターンオーバーが乱れると、剥がれ落ちるはずの角質がお肌に残ってしまいます。それが徐々に積み重なり、厚みを増すことでお肌がゴワついて見える状態を「角質肥厚」というのです。

「足のかかと」を想像すると、角質肥厚の状態がよりピンとくるでしょう。
足のかかとは角質が分厚く、ザラっとした手触りをしていますよね。人によっては白い筋のようなものが入っており、乾燥によってひび割れているケースもあります。この厚くなった角質が「お肌のゴワつき=角質肥厚」の正体です。

角質肥厚が悪化すると、目に見えてお肌の状態は悪くなります。年齢に見合った美しいお肌を保つなら、角質肥厚は早急に解決すべき肌トラブルと言えるのです。

角質肥厚の原因とは

角質肥厚の原因とは

角質肥厚の原因は、おもに以下の3つです。

ターンオーバーの乱れ

お肌は、約1ヶ月(28日)のサイクルで生まれ変わります。このお肌のサイクルをターンオーバーと言い、これが乱れると角質肥厚の原因になります。

通常、ターンオーバーの周期は18歳をピークに乱れやすくなり、お肌の生まれ変わるスピードも長くなってしまいます。ターンオーバーの周期が長くなればなるほど、古い角質はお肌から剥がれづらくなり、お肌に少しずつ蓄積。角質が厚くなると、お肌のゴワつきを感じやすくなるのです。

ターンオーバーが乱れる原因はいくつかあり、たとえば「冷え」や「血行不良」などがあげられます。
冬の寒さや夏の冷房による冷えは血行不良を招き、お肌の細胞の隅々まで栄養が行き渡りづらくなります。そうするとターンオーバーが乱れ、角質肥厚の原因となってしまうのです。

紫外線によるダメージ

紫外線による刺激も、角質肥厚の原因となります。お肌に紫外線があたると、お肌のバリア機能が働き、肌内部まで紫外線ダメージを与えないように角質を厚くしてしまうのです。

ただでさえ、紫外線は肌老化を進行させます。紫外線にあたり続けていると、ゴワつきが酷くなるだけでなく、しみやしわなどほかの肌トラブルに発展するおそれもあるため注意が必要です。

さらに、紫外線はお肌の乾燥を促します。乾燥したお肌は保水力が弱まり、水分不足でカラカラの状態。乾燥が酷くなるとお肌のバリア機能は正常に働かなくなるため、お肌は自衛のために角質を厚くしてしまいます。結果、お肌はかさつき、硬くなり、古い角質が剥がれ落ちずに厚く重なってしまうのです。
不要な角質が積み重なると、せっかく作られた新しい皮膚細胞が上へ押し上げられなくなり、お肌表面に出てくるのが遅くなります。それによりターンオーバーの周期を乱し、さらに乾燥と角質肥厚が悪化してしまうため、お肌のためには紫外線対策が必須と言えるのです。

食生活の乱れ

食生活の乱れは、お肌の栄養不足につながります。お肌が栄養不足になると、角質肥厚が悪化してしまいかねません。とくに、身体の新陳代謝に関係するとされる「ビタミンA」「ビタミンB類」は欠かせない栄養素。新しい肌細胞の成長と正常なターンオーバーを促すために必要なので、意識して摂取することが望ましいと言えるのです。

もちろん、上記であげた栄養素だけを摂取すれば良いというわけではありません。あくまでもお肌のための優先度の問題なので、食生活を正し、バランス良く多くの栄養素を摂取することが大切です。

お肌がゴワついてしまうNG行為とは

お肌のゴワつきをどうにか改善したいと、スキンケアに力を入れる方も少なくありません。
しかし、物理的な刺激はお肌のゴワつきを悪化させてしまうため、以下の行為を行っている方はすぐにやめましょう。

お肌のゴワつきを悪化させる原因

  • 洗顔のしすぎ
  • 洗浄力の強いクレンジング剤、洗顔料
  • 洗顔ブラシ
  • 拭き取りタイプの化粧水
  • パッティング
  • 化粧品の使いすぎ
  • フェイスマッサージのしすぎ
  • 美顔ローラー

刺激が加わると、少しでもダメージを和らげようと角質を厚くし、お肌の耐久値を上げようとします。
お肌のゴワつきを予防・対処するなら、まずは物理的な刺激からお肌を守る必要があると心得ましょう。

角質肥厚の予防・改善方法とは

角質肥厚の予防・改善方法とは

角質肥厚を防ぐには、以下の3つの習慣を徹底しましょう。

丁寧な洗顔を心がける

お肌は刺激に弱いため、丁寧でやさしい洗顔を心がけましょう。
毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシ擦ったり、洗浄力の強いクレンジング剤・洗顔料を使ったりすると、お肌の乾燥や角質肥厚を招きます。
できるだけ刺激を与えないことが大切なので、低刺激の洗顔料を使用し、きめ細かく泡立て、泡でやさしく撫でるように洗ってくださいね。

なお、ピーリングや毛穴パックはお肌を傷つけてしまうことがあるため、お肌への負担を考えるなら避けたほうが賢明です。肌本来の力を活かすスキンケアを心がけましょう。

こまめな紫外線対策

角質肥厚を徹底的に防ぐなら、こまめな紫外線対策は必須です。
しかし、紫外線対策を面倒だと感じる方も多く、なかには下記のように紫外線対策を疎かにする方も少なくありません。

  • 近所のスーパーへ行くだけですぐ帰るから、日焼け止めや日傘はいいか
  • 車から降りないし、紫外線対策はしなくても問題なさそう
  • 部屋にいるから日焼け止めは塗らなくても大丈夫
  • 日焼け止めは朝塗ったし、夕方まで大丈夫だろう

まったく紫外線を浴びないということはないので、紫外線対策は「やりすぎかな?」と感じるくらいがベスト。ちょっとした外出でも、車内や屋内にいたとしても、日焼け止めを塗ったり、日傘をさしたり、帽子やサングラスを身につけたりと紫外線対策をするのも効果的です。

なお、やむを得ず日焼けをしてしまった場合は、保湿ケアなどを行ってお肌のダメージを和らげてくださいね。

栄養バランスを考え、栄養不足を防ぐ

毎日の食事は、栄養バランスを考えることが大切です。前述したビタミンA、ビタミンB類はもちろん、ほかの栄養素もバランス良く摂取しましょう。

ビタミンA、ビタミンB類が多く含まれる食材
ビタミンA 鶏・豚のレバー、ほうれん草、小松菜、にんじん など
ビタミンB2、B6 牛レバー、カツオ、マグロ、うなぎ など

角質肥厚の原因を知ってお肌を守る生活を始めよう

角質肥厚は、ターンオーバーの乱れや紫外線ダメージ、食生活の乱れなどによって引きおこされます。また、これらから派生するトラブル(乾燥、冷え、血行不良など)も角質肥厚を悪化させる原因となるため、健やかなお肌を守るためにも生活習慣を見直すことが重要です。
もちろん加齢とともにお肌が生まれ変わる周期は遅くなりますが、日ごろから丁寧にケアを続ければ年齢に見合った美しいお肌を維持することができるはずです。

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れる様々な悩みの根本的な原因をご存じですか?それは、お肌本来に備わる健やかになろうとする力が低下していること。根本的に改善するためには、お肌が本来持っている「自己回復力」を引き出すことが大切です。ドモホルンリンクルは、それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

ドモホルンリンクル 無料お試しセット お申込みへ
お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決 お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み