お肌の悩み 2021.09.30

正しい保湿ケアって? 保湿力が低下する3つの原因と正しいケア手順

正しい保湿ケアって?保湿力が低下する3つの原因と正しいケア手順

「お肌がカサカサする」「毎日ケアしてるのにどうして乾燥するの?」など、お肌の悩みを抱える方は少なくありません。乾燥しがちなお肌は、保湿力が低下しているサイン。保湿力が低下する原因はさまざまですが、間違ったスキンケアによって引きおこされることもあります。しわやしみなど、さらなる肌トラブルを助長させないためにも、正しい保湿ケアについて学びましょう。

今回は、お肌の保湿力が低下する3つの原因と、正しい保湿ケアの手順をご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

正しい保湿ケアって?

正しい保湿ケアって?

保湿というと「お肌にたくさんの水分を入れること」だと思いがちですが、それはあくまでも一時的なもの。時間がたつと乾燥してしまうため、適切な保湿ケアによって長期的な保湿を目指すことが大切です。ここで言う適切な保湿ケアとは「肌本来のもつ“潤う力”を活かし、お肌の環境を整えること」です。

私たちのお肌は、表皮・真皮・皮下組織の3つの層からできています。どれもお肌の保湿力を担っていますが、なかでも表皮の最も外側にある角層は肌本来の潤う力に大きく影響しています。
角層は、天然保湿因子(NMF:natural moisturizing factor)が産生される場所です。角質細胞には多くの水分が保持されており、角層表面を覆う皮脂膜が肌内部からの水分の蒸散を防いでいます。

また、皮脂膜は紫外線や花粉、ほこり、ウイルス・細菌などの外部刺激からお肌を守るバリアの役割も果たしていますが、スキンケアの方法次第ではバリア機能が衰え、保湿力が低下してしまいます。
つまり、正しいスキンケアによって角層の環境を整えることが、お肌の潤い維持に重要と言えるのです。

お肌の保湿力が低下する原因

角層の保湿成分が減少して保湿力が低下すると、あらゆる肌トラブルを招きます。
お肌の保湿力が低下する原因はいくつかありますが、代表的なものは以下の3つです。

間違ったスキンケア

クレンジングや洗顔時にお肌を擦ると、摩擦によって角層が傷ついてしまいます。また、スクラブ洗顔や毛穴パック、ピーリングなどを頻繁に行うことでも角層が傷つき、お肌の水分は徐々に失われてしまうのです。

さらに、洗浄力の強いクレンジングや洗顔料、熱いお湯、洗顔の回数や頻度によってもお肌は調子を崩してしまいます。保湿成分や皮脂が洗い流されてしまい、お肌の保湿力が低下してしまうからです。もしも洗顔後、お肌につっぱりを感じたら、クレンジングや洗顔料、洗顔方法を見直すことをおすすめします。

ターンオーバーの乱れ

お肌はターンオーバーを繰り返すことで、角層細胞の入れ替えを行っています。新しい細胞に生まれ変わることで、お肌のバリア機能を維持し、保水力を保っているのです。

しかし食生活の乱れや睡眠不足、血行不良、ストレスなどによってターンオーバーのサイクルが乱れると、水分を保持できない古い角質細胞がお肌にとどまり、次第に乾燥を招きます。
ターンオーバーを正常に機能させるためにも、日々の生活習慣を見直し、お肌と心身にやさしい環境を整えることが大切です。

紫外線のダメージ

適度な紫外線はビタミンDの生成を促すため健康的に問題ないと言われていますが、過剰な紫外線はお肌の大敵です。紫外線によって日焼けすると、角層から水分が失われてしまうため、お肌は乾燥してしまいます。外出する際は、日焼け止めや日傘、帽子などを欠かさないことが大切です。

また、紫外線は窓ガラスを透過して屋内にも届くため、部屋にいても知らないうちに紫外線ダメージを受けています。単板ガラスの場合、紫外線の約70%が透過するとも言われているのです。
窓から入った紫外線のほとんどは、床や壁にあたり吸収されます。しかし、一部は反射して室内に飛散するため、部屋のなかにいても紫外線を浴びてしまうわけです。

少しでも紫外線による肌ダメージを防ぐために、カーテンやブラインドをつけたり、紫外線カットフィルムを貼ったり、紫外線カットガラスに変更したりと室内の紫外線対策を徹底しましょう。

正しい保湿ケアの方法とは

正しい保湿ケアの方法とは

保湿ケアを行う際は、以下のポイントに留意しましょう。

ぬるま湯で洗顔する

洗顔でお肌をきれいに保つと、あらゆる肌トラブルの発生を回避できます。しかし、必要以上に皮脂を洗い流してしまうと、お肌の乾燥を助長させてしまいます。
また、洗顔に冷たい水やお湯を使う方がいますが、これも必要以上に皮脂を洗い流すことになり、乾燥を招きます。お肌へ刺激を与えないように、ぬるま湯での洗顔を心がけましょう。

洗顔後や入浴後は、すぐにお手入れを開始する

洗顔後や入浴後は、時間がたつとともにお肌の水分が失われてしまうため、できるだけ早くお手入れを始めましょう。「子どもと一緒にお風呂に入るから、すぐにお手入れができない」という方は、ひとまず化粧水だけはつけてください。その後、あらためて化粧水からお手入れを行いましょう。

化粧品は基本量を使う

「乾燥しがち」「ベタついている気がする」などお肌の状態は日々異なります。お手入れで使用する化粧品のベストな量は誰が決めるのでしょうか?気持ち?使用感?なんとなく?…。実は、化粧品にはそれぞれ、ぜひ使っていただきたい量=「基本量」があります。基本量はとても大切。あまり意識していなかった方、より効果を実感したいとお思いの方は、ぜひこの機会に、基本量をはじめてみましょう。その時の肌の状態に合わせて皮脂が多いから、暑くてベタつくのが嫌だからと乳液やクリームを使わないのはおすすめできません。日々のお手入れが、未来のお肌づくりに繋がっています。日々のお手入れを積み重ねることで、季節などの環境要因で左右されない肌体力をつけていきましょう。

お手入れは「手」の温度も肝心

あなたは、冷たい手でお手入れしていませんか。手の温度は、化粧品の浸透度を高めるために重要です。お手入れをする際は、ぬるま湯などで手を温めてから行いましょう。
入浴後は、手はもちろん身体が芯から温まって血行がよくなっているため、お手入れの効果をより実感できるはずです。肌本来の力を活かすためにも、手の温度に注目してみてくださいね。
ちなみに、ドモホルンリンクルはお肌のお手入れのことを「お手当て」と呼んでいます。子どもの頃、おなかが痛いときに、お母さんが手をあててくれたら、それだけで痛みがすーっとおさまっていった。そんな経験はありませんか。手には、想いや愛情を届けてくれる不思議な力が宿っています。「お手当て」と呼んでいるのは、繊細な手でお肌の微妙な変化を感じ取りながら、あなたの想いまでお肌に伝えてほしいと願っているからです。ただのお手入れではない、想いを込めた「お手当て」に、お肌はきっと応えてくれます。

この記事を読んでいる人におすすめの記事

保湿ケアでよくある悩み

ここでは、保湿ケアについてのよくある悩みをご紹介します。
おもな悩みは以下のとおりです。

  • 化粧崩れしやすくなったため、毛穴が目立つ
  • お肌がガサガサする
  • 保湿が足りていないのか、目の下の小じわが目立つ
  • ほうれい線が出てしまう
  • しみやお肌のハリが気になる
  • 保湿しても乾燥してしまう
  • 目元など部分的な乾燥があり、しわが目立つ
  • 保湿してもお昼ごろには乾燥し、風にあたるとさらに乾燥しがち

保湿ケアに関する悩みはさまざまですが、お肌の乾燥から目元のしわやほうれい線、しみ、ハリ不足などに発展しているようです。これらは見た目年齢を引き上げる要因にもなるため、早めに保湿ケアを見直すことが大切です。
保湿ケアをしているのに肌トラブルがおこると、「保湿が足りない」と過剰にケアしてしまう方もいます。しかし、大切なのは保湿の回数ではなく「質」です。お肌の保湿力を低下させる原因を把握し、正しい手順で保湿ケアを行うことが、肌本来の美しさを守ることにつながります。

保湿ケア化粧品の選び方

保湿を重視する場合は、保湿力が優れた成分が含まれる保湿化粧品を選ぶとよいでしょう。
「ヒアルロン酸」を配合した化粧水や乳液などがおすすめです。外部からヒアルロン酸を補うことバリア機能の改善も期待できますよ。

また、化粧品の中には、「○○を解消する」などと、謳っている成分が入ったものがあります。これらは機能性化粧品と呼ばれ、肌悩みに積極的に働きかけていきます。
しかし、お肌が敏感になっている時期は、一時的に皮膚がカサついたり、荒れたりすることもあるので、そういうときは使用を我慢して保湿重視の肌への刺激が少ない化粧品を使いましょう。

保湿力を高めるおすすめアイテム

保湿力を高めるドモホルンリンクルの商品をご紹介します。

保湿液

年齢肌の悩みを深める「ANL」や、若々しい息吹にあふれた「HSP(ヒートショックプロテイン)」に働きかけ、年齢肌へ多角的にアプローチします。
独特のとろみある肌ざわりで、スッと溶けていくようになじみます。また、保湿力に優れた独自のコラーゲンとヒアルロン酸が深いうるおいを届けます。

保湿液の商品紹介はこちら

正しい保湿ケアでいきいきとしたお肌へ

お肌の保湿力は、間違ったスキンケアやターンオーバーの乱れ、紫外線のダメージによって失われてしまいます。もちろん加齢によっても水分を維持する力は衰えてしまうため、生活習慣に気を配り、年齢に見合った正しいケアを行うことが大切です。日々お肌をやさしく労ることが、肌本来の力を活かし、あなた自身を輝かせてくれるでしょう。

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れる様々な悩みの根本的な原因をご存じですか?それは、お肌本来に備わる健やかになろうとする力が低下していること。根本的に改善するためには、お肌が本来持っている「自己回復力」を引き出すことが大切です。ドモホルンリンクルは、それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

年齢肌のお悩み そのすべてに アプローチ
お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決 お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み