お肌のキメが乱れる原因とは?チェックリスト&簡単スキンケア術

お肌のキメが乱れる原因とは?チェックリスト&簡単スキンケア術

お肌のキメが乱れると、くすみや毛穴が目立ちやすくなったり乾燥しがちになったりと、あらゆるお肌の不調を招きます。
では、お肌のキメは何が原因で乱れるのでしょうか。

今回は、お肌のキメが乱れる原因や、お肌を整えるためにできることをなどをご紹介します。「そもそもお肌のキメとは何?」「自分のお肌の状態を知りたい」とお考えの方にもおすすめの内容となっていますので、ぜひご覧ください。

お肌のキメとは?

お肌のキメとは?

お肌のキメとは「お肌の表面にある細かな凹凸のこと」です。

私たちのお肌には「皮溝(ひこう)」という溝と、皮溝で囲まれた「皮丘(ひきゅう)」という隆起した部分があります。この皮溝と皮丘によってできる凹凸(皮紋:ひもん)がお肌のキメと呼ばれるもので、健康的なお肌は凹凸が三角形の網目状になっています。

そしてキメ細かな肌は、三角形の網目が均一に規則正しく並んでおり、皮溝が浅くて細く、皮丘は小さくて弾力があります。なめらかでみずみずしく、しわなども目立ちにくいため、年齢に見合った健やかな美しさを保つには、お肌のキメを整えることが重要なのです。

逆に、キメが粗いお肌は三角形の網目が不規則に並んでいます。皮溝が深く広くなっており、皮丘には弾力性がありません。くすみや乾燥によってお肌の潤い・ハリがなくなり、化粧ノリが悪くなるほか、覇気のない印象を与えてしまいます。

このように、お肌のキメの状態によって見た目はもちろん、お肌そのものにもダメージを与えてしまうため、日ごろからお肌の状態をチェックして対策を講じることが大切です。

お肌のキメが乱れる原因

お肌のキメが乱れる原因は、おもに以下の3つです。

摩擦などの外的刺激

お肌は外的刺激に弱く、摩擦や圧力、紫外線などの刺激を受け続けるとキメが粗くなってしまいます。たとえば、常に刺激にさらされる手の甲の皮膚よりも、外的刺激を受けにくい腕の内側や太ももの内側の皮膚のほうがお肌のキメが細かいですよね。全ての外的刺激を100%遮断することは不可能ですが、できるだけ刺激を与えないように配慮することが大切です。

乾燥

お肌が乾燥すると、皮丘の膨らみが小さくなってしまいます。また皮溝が広がったり、なくなったりすることもあり、そうするとお肌のキメが粗くなり、お肌がガサガサしてしまうのです。お肌の乾燥を招く原因は、紫外線や水分不足、誤ったスキンケアなどさまざま。自分の生活を見直し、徹底した乾燥対策を行いましょう。

お肌のターンオーバーの乱れ

お肌の細胞は一定の周期で生まれ変わります。これをターンオーバーと言い、ターンオーバーが正常に働くことで古い肌細胞や傷ついた肌細胞を新しい細胞に入れ替えているのです。しかし、ターンオーバーが乱れると肌細胞の入れ替えがスムーズにできません。古く傷ついた肌細胞が蓄積してしまうため、キメの粗いお肌になってしまうのです。

なお、ターンオーバーが乱れる原因は紫外線や不規則な生活習慣、加齢などが挙げられます。加齢によるお肌の衰えは止められませんが、紫外線対策を行ったり、生活習慣を改善したりすることで、年齢に見合った健やかなお肌を維持することは可能です。

あなたのお肌のキメをチェック

自分のお肌のキメが整っているのか、乱れているのかを知りたくても、どう調べれば良いのか困ってしまいますよね。一見するときれいなお肌でも、実はキメが乱れていたというケースは少なくありません。
そこで以下にて、キメの乱れをチェックする項目をまとめました。あてはまる数が多いほどお肌のキメが乱れている可能性が高いため、ぜひチェックしてみてくださいね。

  • 化粧ノリが悪くなった
  • スキンケア後にお肌がヒリヒリする
  • 乳液やクリームをほとんど使わない
  • 毛穴の詰まりが気になり、つい指や爪で押し出すことがある
  • お肌が荒れたり、吹き出物が出たり、赤みが出たりすることがある
  • 日ごろからストレスを感じることが多い
  • 10年前と同じスキンケアを今も続けている
  • 冷え性や肩こり、むくみなどに悩んでいる
  • 運動をしていない
  • 便秘や下痢など、お腹の調子を崩しやすい
  • お肌の皮脂がなくなるほど洗顔をしている
  • 選択された数:0

お肌のキメを整えるためにできること

お肌のキメを整えるためにできること

こちらでは、お肌のキメを整えるためにできることをご紹介します。

乾燥対策

お肌のキメを保つには、乾燥対策が欠かせません。湿度が低下するとお肌の水分が蒸発してしまうため、ふだんから保湿を心掛けて、お肌の水分が逃げないように気をつけましょう。

また、こまめに水分摂取を行うことも大切です。加えて、湿度の低くなる季節やエアコンや暖房を使っているお部屋で過ごす際は、加湿器などで湿度を調整しましょう。

紫外線対策

紫外線を浴びると、お肌のバリア機能が低下し、乾燥やターンオーバーの乱れを引きおこします。外出時には日焼け止めを塗り、また紫外線を浴びる時間に応じてこまめに塗り直しましょう。加えて、日傘や帽子を使い、なるべく紫外線を浴びないように注意することが大切です。

日焼け止めはSPF値が高いものほど紫外線を防げますが、その一方でお肌への刺激も強くなりがちです。潤いケアとダメージケアができる日焼け止めもあるため、お肌への刺激を最小限にするためにも日焼け止めの特徴などはしっかりと調べましょう。

規則正しい生活

運動不足、食生活の乱れ、睡眠不足、ストレス、喫煙は血行不良を招き、お肌のターンオーバーの乱れにつながります。
とくに食事は重要で、栄養が偏るとお肌はたちまち不調気味になってしまいます。たとえば、ビタミンは人が健やかに生きるために欠かせない栄養素ですが、ほとんどのビタミンは体内で作ることができません。そのため、ビタミンは食事から摂取する必要があるのです。

このほか、職場から自宅まで一駅分歩く、早めに布団に入りスマートフォンを見ない、適度にストレス発散をするなどして、お肌のために健康的な生活を行いましょう。

お肌のキメを細かく保つスキンケア術

お肌のキメを保つには、スキンケアにも気をつけましょう。

とくに、クレンジングと洗顔は注意が必要です。たとえば、化粧を落とすためにクレンジングに時間をかける人もいますが、指や手で強くマッサージをしてしまうとお肌にダメージが蓄積するため力を入れないようにしましょう。洗顔も同様に、やさしく洗うことが大切です。洗顔料をしっかりと泡立てて、指の腹ではなく泡で撫でるように意識して洗顔を行ってください。

また、洗顔にはぬるま湯を使用しましょう。冷たい水やお湯だとお肌へダメージを与えてしまい、乾燥などの肌トラブルを招く原因になります。加えて、シャワーの水を顔に直接あてるのもNG!洗い残しがあるのもお肌に負担をかけるため、髪の生え際部分まで丁寧に泡を洗い流し、清潔なタオルで水分を拭き取ってください。

洗顔後は、化粧水やクリームなどでしっかりと保湿を行いましょう。
もちろん化粧水などを塗る際も、お肌に負担がかからないようにこすったり叩いたりするのはやめましょう。手のひらでじんわり押し込むように、やさしくお手当てしてくださいね。

なお、べたつくからという理由で乳液などを使用しない方もいますが、化粧水だけだと保湿は不充分です。逆にお肌の水分を失う原因になりかねないため、化粧水で水分を補給したら乳液などでしっかりと蓋をして潤いを閉じ込めることが大切です。

お肌のキメを守る丁寧な暮らしを心掛けよう

仕事や家事・育児で時間がないと、自分のことに時間をかけられないかもしれません。
しかし、お肌のキメを整えるには紫外線などの外的刺激をできるだけ避け、保湿を行い、規則正しい生活を送ることが大切です。まずはできる範囲で丁寧な暮らしを心掛け、健やかなお肌を保つ工夫を続けましょう。

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れるさまざまな悩みの根本的な原因をご存じですか? それはお肌本来に備わるすこやかになろうとする力が低下していること。原因は一つだから解決法もただ一つです。それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。
もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

年齢肌のお悩み そのすべてに アプローチ
ドモホルンリンクルのこだわり人に寄り添う。肌に向き合う。詳しく見てみる

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み