1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. お肌のお手当て>
  3. お手当て方法:光対策 素肌ドレスクリーム

お手当て方法:[8]光対策 素肌ドレスクリーム

素肌美を引き出しながら、光ダメージからお肌を守ります。

  • 動画の再生を開始するとYouTubeに接続します。
  • 容器は随時変更することがございます。画像は2016年2月現在のものです。
1回の使用量 :
手の甲に「あずき一粒分」
  • とくに注意していただきたいお手当てのポイントです。
  • ちょっとしたお手当てのコツや工夫をお伝えします。
(1)

あずき一粒分をお顔の5ヵ所にのせる

指先にとって、額、鼻先、両頬、あごのそれぞれに、のせます。

 

(2)

内から外へ、円を描くようにぬり伸ばす

指の腹をすべらせるように、お顔全体にムラなく広げます。

  • クリームのすじが目立たなくなるまでなじませましょう。
 
指の腹を使ってクルクルと

(3)

小鼻や目もと口もとなどは、指先で念入りになじませる

指の腹を使ってお顔にまんべんなくぬりましょう。

 
鼻すじ・小鼻

鼻すじは、縦方向に指を滑らせ、小鼻は
トントンとたたき込むように

目もと・口もと

デリケートな目もと口もとはトントンと
細かくやさしくたたき込むように


(4)

お顔全体になじんだら、仕上げに、手のひら全体でやさしく押さえ込みます。

手のひら全体を使って生え際やフェイスラインまで密着させるようにていねいになじませましょう。

  • 手のひらや指先でお顔をやさしく押さえ込むことで、お肌の色となじみやすくなります。
 
お肌の色になじんだら、お手当て終了です!
  • お肌に合わないときはご使用をおやめください。

Q&A

Q.今使っているファンデーションと併用していいの?

A.はい、併用していただけます。
お好みの仕上がりに合わせてドレスクリームのあとにルースパウダー(お粉)やパウダリーファンデーションをお使いください。

Q.ぬり直すときのコツは?

A.油取り紙やティッシュなどでお肌をやさしく押さえて、余分な皮脂や汗を取り除いておくと、額、鼻すじなどもメイクがくずれにくくなります。