生活習慣 2021.05.13

体質改善で長年の悩み解消! 疲労・冷え・肌荒れの悩み別の改善方法

体質改善で長年の悩み解消!疲労・冷え・肌荒れの悩み別の改善方法

おうち時間が長くなったことで、運動不足などを懸念している方も増えてきました。とくに、肌荒れや身体の冷え、疲れやすいなどの悩みを抱えている方はその傾向が顕著で、この機会に体質改善をしたいと考えている方も多くなっています。
しかし、いざ体質改善を始めようと思っても、何から始めればいいのか、どうすればいいのか分からないという方もいるでしょう。

そこで今回は、体質改善を目指す方へ向けて、体質改善に関するよくある悩みと、悩み別のアプローチ方法をご紹介します。長年悩んできた体質の悩みを解消したいという方は、ぜひご覧ください。

「体質改善をしたい!」よくある悩み

「体質改善をしたい!」よくある悩み

体質改善に踏み出すきっかけは人それぞれですが、よくある悩みとしてあげられるのが以下の3つです。

疲れやすい体質を改善したい

一晩寝ただけで疲れが取れる人と、寝ても疲れが取れない人がいます。体質的な問題もあるでしょうが、疲れの原因は「ストレス」がほとんどだと言われています。

たとえば、仕事ばかりで息つく暇もない、人間関係で気疲れしている、転職や引っ越しによる環境の変化に慣れないなど、日ごろから悩みが多いとストレスが溜まり、それが疲れの蓄積につながります。また、駅や電車内、雑踏などの人混みが苦痛だと感じたり、騒音や渋滞になるとイライラしたりする方も多いでしょう。

人は毎日、何かしらストレスを感じていますが、些細なことが気になるという方はとくにストレスが大きくなりやすいため注意が必要です。身体を動かしたり夢中になれる趣味を見つけたりと、ストレスを解消する方法を見つけることが先決です。

身体の冷えを改善したい

身体の冷えに悩む女性は多く、ひどいケースだと夏でも羽織ものやブランケットなどが手放せないという方もいます。そんな冷えの原因は、おもに「血行不良」や「リンパの詰まり」です。血液やリンパの流れが滞ると、老廃物が体外へと排出されず、むくみが発生します。また、末端へと血流が流れにくくなるため、冷えへとつながってしまうのです。

慢性的な手足の冷えに悩んでいるという方は、すでに全身に冷えが広がっている可能性が高いと言えます。寝つきが悪い、だるさが抜けない、朝起きられないなどにあてはまる方は要注意。手足の冷えはあらゆる不調の原因となるため、身体を温めるケアを行い、血行促進を図りましょう。

肌荒れしやすい体質を改善したい

肌荒れに関する悩みは、メイクをする女性のほうが多い傾向にあります。おうち時間が増えても、リモートワークが増えても、メイクをするためにお肌の状態を確認するのは女性ならあたりまえのことですよね。毎日鏡を見ているので、ちょっとした変化にも気づきやすくなっているのでしょう。

肌荒れの程度には個人差がありますが、ニキビができたり、乾燥によってお肌が赤くなったり、ごわごわしたりすると、どうしても気になってしまいますよね。最近はマスクの常用で頬や口まわり、あごのあたりの肌荒れに悩む方も増えており、スキンケアを見直す方も多くなっています。

こうした肌荒れの原因は、おもに「ターンオーバーの乱れ」と「バリア機能の低下」です。

ターンオーバーとは、古い角質が剥がれ落ち、新しい細胞に入れ替わる身体の仕組みです。ストレスや運動不足、生活習慣の乱れなどが原因でターンオーバーが乱れると、古い角質が表皮に積み重なり、ゴワゴワとお肌が厚くなる角質肥厚(かくしつひこう)になります。
また、バリア機能が低下すると、肌内部から水分が蒸発しやすくなります。お肌の乾燥が進み、紫外線や花粉などの外的刺激を受けやすくなるため、肌荒れがおきやすくなるのです。

肌荒れしやすいと感じるなら、スキンケアだけでなく、インナーケアも合わせたケアがおすすめです。身体の外側と内側から同時にケアすれば、肌荒れの原因に広くアプローチすることが可能です。

疲れやすい体質の改善方法

疲れやすくなる原因は、おもにストレスであるとお話ししました。ストレス解消と同時に、食事や運動でアプローチを行えば、心身の疲労を解消することが可能です。

肉体的な疲労回復に効果が期待できるのは、ビタミンB群を含む食材です。たとえば、豚肉やラム肉などに含まれているほか、胚芽にもビタミンB1が含まれています。白米に胚芽米や玄米を混ぜるなどして、食事に取り入れてみてください。

精神的な疲労回復に効果が期待できるのは、運動です。汗をかくと気持ちがスッキリするため、ウォーキングやストレッチ、ヨガなどの適度な運動に挑戦してみてください。
また、好きなことに没頭する時間をつくるのも疲れの解消に効果的です。映画を観て泣いたり、大声で歌を歌ったりと好きな時間を過ごすことで、心の澱みが軽減するでしょう。

なお、サプリメントや漢方などに頼るのも一つの手です。すべてやろうと意気込むと疲れてしまうので、サプリメントや漢方などの力も借りつつ、無理なく体質改善を進めてくださいね。

体の冷えへの改善方法

体の冷えへの改善方法

冷えの改善には、身体を温めるのが効果的です。とくに「のど」「肩甲骨まわり」「太もも」を温めると効率良く体温を保持できます。肩甲骨まわりや太もものように大きな筋肉がある場所は、血流が盛んな部分です。じっくりと温めることで、冷えの解消にアプローチできます。

身体を温める方法としては、入浴やウォーキング、ストレッチなどがあげられます。入浴はシャワーで済ませず、湯船につかる習慣をつけましょう。ほんの少し汗ばむくらいの温度がおすすめです。心地良いと思う温度で、身体を芯から温めましょう。

身体への負担が少ないウォーキングやストレッチは、無理なく始められます。運動をする際は、腕を振ったり背伸びをして腕を頭上にあげたりして、肩甲骨まわりをよく動かすことを意識しましょう。

肌荒れしやすい体質の改善方法

肌荒れを改善するなら、スキンケアとインナーケアを同時に行いましょう。保湿を重視したスキンケアに切り替え、栄養バランスを考慮した食生活にシフトしてください。ビタミンや鉄分、タンパク質はお肌にとって良質な栄養素です。プラスの効果が期待できるため、食事やサプリメントなどを用いて適切に摂取しましょう。

栄養素 栄養素が含まれる食材
ビタミンA にんじん、ほうれん草、かぼちゃ、レバー、うなぎ など
ビタミンB2 レバー、うなぎ、卵、アーモンド など
ビタミンB6 かつお、まぐろ、レバー、ニンニク、ピスタチオ、焼き海苔 など
ビタミンC ブロッコリー、赤ピーマン、レモン など
ビタミンE ツナ缶、たらこ、アボカド、アーモンド など
鉄分 あさり、しじみ、レバー、青海苔、ひじき、大豆 など

また、紫外線対策を行うことも重要です。肌荒れしがちのお肌は、乾燥しやすいので、紫外線を浴びるとより肌荒れが悪化する可能性があります。お肌に負担の少ない日焼け止めを選び、日傘や帽子などで紫外線をシャットアウトしましょう。

このほか、洗顔後に使用するタオルや、枕・敷布団などの寝具、メイクに使用するブラシなど、お肌に直接触れるものは清潔に保ちましょう。
お肌にほこりや細菌などが付着し、そこから肌荒れが悪化してしまうかもしれません。タオルは毎日、できれば使用するたびに交換し、家族との共用はやめましょう。

寝具のシーツは週に一度洗濯し、布団も定期的に干すことをおすすめします。メイクブラシやパフも、こまめに洗ったり替えたりして、なるべく清潔な状態を保つことが大切です。

おうち時間を利用して体質改善を始めよう

体質改善を行うなら、日々の生活のなかから変えていくことが大切です。食事の栄養バランスを考えたり、身体を動かしたり、入浴習慣をつけたりと、日常でできる改善方法はたくさんあります。
おうち時間が増えた今だからこそ、体質改善のチャンスです。長年の悩みを解消するために、少しずつできることから始めてみてくださいね。

生体リズムに着目したドモホルンリンクルの年齢美習慣

生体リズムの乱れは様々な不調の原因に…。それには、朝と夜のスイッチのON・OFFで、「メリハリ」をつけることが大事です。朝は体温を上げて、活動モードへのスイッチをONにし、夜は休息モードにスイッチOFFして、ぐっすり心地よい眠りへつく。この2つから生まれるリズムこそ、年齢を超えて健やかに美しく生きるための新習慣。生体リズムに着目したドモホルンリンクルの年齢美習慣で、いきいき美しく幸せな毎日へ。

内側から、私を磨こう 生体リズムを整えるために 役立つことをご紹介します
お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決 お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み