生活習慣 2021.08.11

寝た気がしないのはなぜ? 熟睡できない原因と睡眠のメリット

寝た気がしないのはなぜ?熟睡できない原因と睡眠のメリット

「しっかり寝ているはずなのに、寝た気がしない」という方は意外と多いもの。熟睡できないと身体に疲れが蓄積し、朝の目覚めもつらくなります。心身に変調をきたさないためにも、熟睡できる環境を取り戻しましょう。

今回は、熟睡できない原因や寝つきが良くなる方法、しっかり眠るメリットなどについてご紹介します。眠りの質を高めたい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

熟睡とはどういう状態のこと?

熟睡とはどういう状態のこと?

そもそも、熟睡とはどういう状態のことを指すのでしょうか。
熟睡かどうかを判断するポイントは「朝の目覚めが快適かどうか」「日中に眠気や倦怠感がないか」です。

熟睡できているなら、朝はすっきり目覚めることができます。目覚ましやアラームに頼らなくても普段どおりの時間に目が覚めるため、判断しやすいでしょう。逆に、朝起きるのがつらい、頭が重い気がするなどという方は熟睡できていない可能性が高いと言えます。

また、日中に眠気や倦怠感がなければ熟睡できていると判断して良いでしょう。昼食後の軽い眠気程度なら問題ありませんが、耐え難い眠気に襲われて日常生活に支障が出ているなら注意が必要です。睡眠時間が足りていないか、睡眠の質が悪くて熟睡できていない可能性があります。

熟睡できない原因とは

熟睡できない原因として、おもにストレスや生活習慣の乱れ、病気などがあげられます。

ストレスを感じると、心は閉鎖的になります。一人で物思いにふけることが多くなり、寝つきが悪くなってしまいます。仮に睡魔が訪れたとしても眠りが浅くなり、熟睡感を得られないのです。

生活習慣の乱れも睡眠に大きく影響します。たとえば、カフェインの摂りすぎ、寝る前のスマートフォン利用、就寝直前の飲食や入浴は、睡眠の質の低下を招く要因です。

何らかの疾患で熟睡できていない可能性もゼロではありません。身体的な病はもちろん、心の病も快適な眠りを遠ざける要因になります。喘息や花粉症、アレルギーの方は、夜間の状態によって眠りが浅くなるケースもあるため注意が必要でしょう。

もしも満足に眠れない状態に陥っているなら、一時的に不眠の状態に陥っているかもしれません。どんなに寝ても寝た気がせず、朝に疲労感や倦怠感がある場合は注意しましょう。
なお、一過性の不眠は精神的なストレスが原因で起こることもありますが、ストレスなどの原因が解決すれば改善へと向かいます。

熟睡するための習慣

熟睡するための習慣

ちょっとしたことを意識すれば、熟睡できる環境を取り戻すことができます。
眠れない方、寝つくまで時間がかかる方、朝の目覚めがすっきりしない方は、ぜひ以下の4つの習慣を暮らしに取り入れてみてください。

\ 習慣1 /睡眠時間にこだわらない

思うように眠れない日々が続くと、どうしても焦りを感じてしまうもの。「早く眠らないといけない」「朝起きられないかもしれない」と自分を追い込んでしまう方がいますが、それが新たなストレスになるため逆効果です。

ここで意識すべきなのは「睡眠時間にこだわらない」ということ。まずは「○時間寝ないといけない」というこだわりを捨てるところから始めましょう。
最初に睡眠時間を決めてしまうと、眠気がこないことにプレッシャーを感じてしまいます。仮に眠れたとしても、思った以上に早く目が覚めてしまったら熟眠感が薄れてしまい、肉体的にも精神的にも負担になってしまいかねません。睡眠時間にこだわらず、「もしも目が覚めたら起きて活動を開始しよう」と前向きに捉えることで不必要なプレッシャーから自身を開放できます。

\ 習慣2 /アルコールを控える

普段から寝酒を習慣にしている方も少なくありません。寝つきが良くなると感じている方もいますが、アルコールは眠りを浅くする要因です。
また、アルコールは摂取から3〜4時間ほどで代謝され、体外へ尿として排出されます。寝ているときにお手洗いに立つこともあるため、熟眠感は得られにくいでしょう。アルコールを摂取する際は、酒量を減らしたり眠る直前まで飲むのを控えたりしましょう。

\ 習慣3 /食生活の見直し

満腹のまま寝てしまうと、胃のなかの食べ物を消化するため脳が覚醒状態になります。そのせいで眠りが浅くなり、熟睡できなくなるため、眠る直前の食事は控えるようにしましょう。

\ 習慣4 /有酸素運動を行う

適度に身体を動かすと、心地良い疲労感から入眠がスムーズになります。
日中の有酸素運動は、熟眠感を得られるためおすすめです。汗ばむ程度に身体を動かしましょう。

なお、夜間の運動や激しい運動は交感神経を活発にし、脳が興奮状態になります。眠気が遠ざかってしまうので、適度な運動を心がけてくださいね。

しっかり睡眠をとることのメリット

「睡眠はそこまで重要なの?」「眠らずに済むならそうしたい」という方もいるかもしれませんが、しっかり睡眠をとると以下の恩恵を享受できます。

  1. 疲労回復
  2. 記憶の定着
  3. ストレス解消

\ メリット1 /疲労回復

寝ているとき、筋肉は力が抜けた状態になり、臓器や細胞の修復・回復が行われます。疲労回復や修復に使用される成長ホルモンは、ノンレム睡眠時に多く分泌され、脳が休息し、自律神経の働きが整ったり、体内での代謝活動が促進されたりします。ストレスによるダメージを回復できるほか、ストレス耐性のアップも期待できるのです。

\ メリット2 /記憶の定着

人は寝ているときに記憶の整理・定着を行います。ノンレム睡眠時に体験から得た感情や内容を整理し、これらはレム睡眠時に記憶として脳に定着するのです。

前日まで分からなかったこと、頭のなかがゴチャゴチャして説明しづらかったことが、次の日に何となく理解できるようになったことがあるという方もいるでしょう。これは、必要な事柄のみを選別して記憶に定着するからです。
適切な睡眠リズムは記憶能力を高めることにつながるため、考え事をしているときほどしっかりと睡眠をとりましょう。

\ メリット3 /ストレス解消

睡眠はストレス解消に効果的です。ストレスによってコルチゾールが過剰に発生すると、脳の海馬が萎縮。不安感に襲われて寝つきが悪くなってしまいます。しかし、しっかりと睡眠をとることで脳の疲労が軽減されます。心身がリラックスして休息を得られるため、ストレス解消にも効果が期待できるのです。

まずは自分が熟睡しているかどうかを確認してみよう

自分がよく眠れているかを確認することは大切です。熟睡していると思っていても、意外と眠れていない方は多いもの。アルコールを控えたり、食生活に気をつけたり、運動したりと、できることから生活習慣の改善を始めていきましょう。

何より大切なのは「眠らないといけない」という強迫観念を捨てることです。人は人が思うよりもデリケートなので、知らずストレスを抱えていると眠れなくなることも往々にしてあります。
まずは、眠りを妨げる原因を把握し、適切な対処法を講じましょう。原因が解決すれば、きっと心地良い睡眠を体感できるはずです。

生体リズムに着目したドモホルンリンクルの年齢美習慣

生体リズムの乱れは様々な不調の原因に…。それには、朝と夜のスイッチのON・OFFで、「メリハリ」をつけることが大事です。朝は体温を上げて、活動モードへのスイッチをONにし、夜は休息モードにスイッチOFFして、ぐっすり心地よい眠りへつく。この2つから生まれるリズムこそ、年齢を超えて健やかに美しく生きるための新習慣。生体リズムに着目したドモホルンリンクルの年齢美習慣で、いきいき美しく幸せな毎日へ。

「飲むドモホルンリンクル」は眠りの質(眠りの深さ)の低下やお肌の渇きが気になる方のための、夜の生体リズムに着目した機能性表示食品。水分を逃さないことで、生成されるコラーゲンの質も守ります。

深く豊かな 眠りに導く 夜の和漢ドリンク
お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決 お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み