混合肌(インナードライ)の特徴って? 正しいスキンケアとよくある質問をご紹介

混合肌(インナードライ)の特徴って? 正しいスキンケアとよくある質問をご紹介

「おでこや鼻は脂っぽいのに、頬は乾燥しがち」という方は混合肌かもしれません。部分的に肌質に差がある混合肌は、スキンケアにも気を使うもの。肌本来の輝きを失わないためにも、混合肌の特徴を知り、お肌にやさしいスキンケアを実践することが大切です。

今回は、混合肌のよくある悩みや特徴、正しいスキンケア方法などについてご紹介します。混合肌にお悩みの方や、混合肌かどうか分からず悩んでいる方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

混合肌(インナードライ)って?特徴や原因とは

混合肌(インナードライ)って?特徴や原因とは

混合肌とは乾燥肌と脂性肌(オイリー肌)の両方の性質を持っているお肌のこと。簡単に言うと、「テカテカしている脂っぽい部分と、乾燥しがちな部分が混在するお肌」を指します。

混合肌は皮脂が過剰に分泌されるため「額や鼻、あごなどのTゾーンを中心ににきびができやすい」という特徴があります。それ以外の顔の部位や身体はとくに問題なかったり、あるいは乾燥ぎみだったりするため、この状態を見て自身が混合肌と判断している方も多いのではないでしょうか。
しかし、表面的な特徴だけで混合肌と判断するのは時期尚早です。混合肌かどうかはお肌を見ても判断しづらいもの。実際に「皮脂が多いから脂性肌だな」と思っていた方のなかにも、実は混合肌だったという方がいます。

お肌の表面は皮脂でベタついていても、角層の水分量が不足していると肌内部は乾燥しています。いわゆる「インナードライ」という状態であり、皮脂と水分量のバランスが乱れているため混合肌にあてはまるのです。
インナードライの原因は「肌内部の水分不足」です。私たちの皮膚は、肌表面の角層と皮脂膜によって守られています。しかし、生活習慣の乱れや睡眠不足、紫外線などの外的刺激、ストレスなどによって角層の保水力や保湿力が衰えると、徐々にバリア機能が低下。これ以上水分を逃がさないようにと、お肌が過剰に皮脂を分泌してしまうのです。

もしもお肌の水分量が少なく、皮脂が多い部分とごわついた部分が混在しているならインナードライの可能性が高いと言えます。自身の肌質を勘違いし、油分を余分に取り除いたり、乳液やクリームを使用せずスキンケアを行ったりすると、肌内部の水分がなくなって皮脂分泌を促進してしまいます。

隠れ混合肌(インナードライ)の方は意外と多いので、自身の肌質をきちんと把握しておくことが大切です。

乾燥肌とのちがい

乾燥肌とは「肌の水分と皮脂が不足してうるおいがなくなっている状態」のことです。
本来、お肌は「皮脂膜」に守られています。この皮脂膜は、皮脂と水分から作られる天然の保湿クリームのようなもので、外的刺激からお肌を守るバリアの役目を担っています。
しかし、何かしらの要因によって皮脂膜や肌内部のうるおい成分(セラミドなど)の産生が滞ってしまうと、お肌の水分を維持できなくなり、乾燥肌になってしまうのです。

乾燥肌については、以下の記事をご覧ください。

脂性肌(オイリー肌)とのちがい

脂性肌(オイリー肌)とは、皮脂が過剰に分泌されるお肌のことです。皮脂によるテカリやベタつきは、本来であれば私たちのお肌を守るために重要なもの。そんな皮脂が過剰に分泌しているのは、お肌のバリア機能の低下を意味しています。つまり、皮脂によって守らなければならないほど、お肌が無防備な状態になっているということです。

脂性肌については、以下の記事をご覧ください。

混合肌(インナードライ)の人のよくある悩み

ここでは、混合肌(インナードライ)についてのよくある悩みをご紹介します。
おもな悩みは以下のとおりです。

  • 鼻の周りは脂っぽいのに、乾燥したところはカサカサして赤くなる
  • もともと脂性肌だったけど混合肌になり、乾燥による肌トラブルが目立つようになった
  • Tゾーンが脂っぽく、頬は乾燥している
  • 化粧崩れしやすい
  • 混合肌で皮脂分泌が活発なせいか、毛穴が目立つ
  • Tゾーンはテカっているが、Uゾーンは乾燥している
  • 鼻が脂っぽく、吹き出物ができやすい
  • 夏はまだいいけど、冬はより乾燥するためカサカサになる

混合肌の方の多くは、やはり皮脂によるベタつきと乾燥に悩んでいるようです。皮脂の過剰分泌による毛穴トラブルや大人にきびに悩む方もいますし、化粧崩れを気にする方も少なくありません。
皮脂はもちろん乾燥を放置すると、あらゆる肌トラブルを招きます。自身の肌質に合ったケアを行うことが、お肌のためには大切です。混合肌の正しいスキンケア方法を知り、肌本来の美しさを保ちましょう。

この記事を読んでいる人におすすめの記事

混合肌には肌質を選ばないスキンケア

まったく新しい未体験のエイジングケア

混合肌(インナードライ)の正しいスキンケア方法とは

混合肌の正しいスキンケア方法とは

混合肌(インナードライ)のスキンケアでは皮脂を取り除くことに重きを置きがちですが、お肌の調子を整えるために重要なのは「皮脂と水分のバランス」です。混合肌の場合、顔の部位によって皮脂量や水分量が異なるため、スキンケアも丁寧に行うようにしましょう。

スキンケアの方法や注意点は、以下のとおりです。

クレンジング&洗顔

お肌をきれいに保つには汚れをきちんと落とすことが大切ですが、洗浄力が高すぎるクレンジングや洗顔料を使うとお肌に負担をかけてしまいます。また、必要な皮脂まで洗い流してしまうため、皮脂が過剰に分泌してお肌の状態がより不安定になってしまいます。
洗浄力が高いものやスクラブ入りなどの刺激が強いものは避け、マイルドな洗顔料を選ぶようにしてください。最近では、洗顔でもしわに対する効能表現である「※効能評価試験済み」と表記された商品も見られるようになりましたので、そういった洗顔料を選ぶのもよいでしょう。

クレンジングや洗顔は、皮脂分泌の多いTゾーンから洗いましょう。その後、皮脂量が少なく乾燥しやすいUゾーンや頬、目元、口元を洗います。
洗顔料は十分に泡立てて、お肌を擦らず丁寧に洗ってください。顔と手の間に泡をはさみ、やさしく転がすように洗うとお肌へのダメージを最小限にできます。
泡が残らないようにぬるま湯で洗い流し、タオルで水分を拭き取ったら、できるだけすぐにスキンケアを行いましょう。

なお、洗浄力が高いクレンジングや洗顔料を使わなければ落ちない化粧品は、ポイントメイク落としをおすすめします。

日々のスキンケア

混合肌は皮脂が多く、水分量が少ないため、しっかり洗顔して保湿を控えるという方が多い傾向にあります。しかし、皮脂を余分に取ったり、保湿を控えたりするのはやめましょう。お肌の乾燥が進み、皮脂分泌がより過剰になってしまいます。

洗顔やあぶらとり紙などで皮脂を取っても、肌表面の皮脂量は2時間程度でもとに戻ります。皮脂の過剰分泌を抑制し、かつ補給した水分を逃がさないことが大切なので、保湿を避けがちなTゾーンこそ乳液やクリームでしっかり保湿することが大切です。
当然ベタつきはありますが、優先すべきなのは不安定なお肌の状態を整えることです。脂性肌と乾燥肌が混同している状態を抑えるために、まずは最低でも1ヶ月間はケアを続けてみてください。日々のスキンケアと合わせてこまめな水分補給も意識してみてください。

この記事を読んでいる人におすすめの記事

混合肌には肌質を選ばないスキンケア

まったく新しい未体験のエイジングケア

混合肌(インナードライ)のよくある質問

部位によって肌質が異なる混合肌は、その分悩みも多いものです。
ここでは、混合肌についてよくある質問を3つピックアップし、疑問にお答えします。

混合肌(インナードライ)の人はどんなスキンケアをすればいいの?

A.化粧水だけでなく乳液やクリームも使い、ベタつくTゾーンもしっかりと保湿しましょう。

前述したように、混合肌のスキンケアは「保湿」が重要です。ベタつきが気になるからと化粧水だけでケアを終えている方もいますが、化粧水だけでは補給した水分を肌内部にとどめておけません。

化粧水のあとに乳液やクリームでフタをし、水分を逃がさないようにしましょう。化粧水や乳液、クリームは顔全体にムラなく塗り、とくに乾燥が気になる部分には重ね塗りをして念入りに保湿してください。

お風呂を出たらすぐに顔がべたつくが混合肌(インナードライ)なの?

A.全体的にベタつくなら脂性肌、カサカサと乾燥する部位があるなら混合肌でしょう。

前述したように、皮脂を取っても2~3時間で皮脂量は戻ります。つまり、入浴後2時間ほどでベタついても問題はないと言えるでしょう。

すぐにベタつくなら、乾燥による皮脂の過剰分泌がおきていることが考えられます。お風呂から出たらすぐに保湿を行い、お肌に満遍なく水分を与えることが大切です。

顔がテカリ出したらどうすればいいの?

A.そんなときこそ、保湿が大切です。

顔がテカテカしていると、どうしてもベタつきを取りたくなりますよね。しかし、皮脂を取ってもすぐに分泌されますし、むしろ肌内部の水分を失う原因になるためおすすめできません。

保湿を行うことで、お肌は「皮脂分泌しなくても大丈夫なんだ」と認識するため、過剰分泌を防げます。そのため、テカリが気になるときは保湿を行い、お肌に水分と油分を補うことを意識しましょう。

混合肌には肌質を選ばないスキンケア

まったく新しい未体験のエイジングケア

お肌にやさしいスキンケアで混合肌対策を。コラーゲンの力でお肌をしっかり整えましょう。

混合肌(インナードライ)は、「皮脂が多いのに乾燥している」という矛盾を抱えたお肌です。一見するとお肌に乾燥が見られなくても、肌内部が乾燥している「インナードライ」に陥っている可能性もあります。皮脂を取り除くことに躍起になって保湿を怠ると、お肌はますます乾燥し、皮脂分泌が過剰になってしまうため注意が必要です。
クレンジングや洗顔に気を配ることはもちろん、化粧水や乳液、クリームを使ってお肌をやさしく労りましょう。正しいスキンケアを続けることで、不安定なお肌を整えることができるはずです。

ケアに遅すぎることはありません。
重要なことは、どれだけ継続できるかです。
年齢に見合った美しさを保つためにも日々のケアを念入りに行い、混合肌(インナードライ)へアプローチを続けてみてください。

お肌に欠かせないのが、うるおいやハリのもと、コラーゲンです。

年齢を重ねたお肌は、みずからきれいになろうとする力、自己回復力が衰えています。
すると、細胞が元気をなくしてしまったお肌に乾燥や紫外線が追いうちをかけて、コラーゲンの量や質が落ちてしまいます。
特に皮膚の薄い目もと・口もとに乾燥のお悩みがあらわれがちに。
お悩みを深めないためには、お肌がコラーゲンを毎日つくりだし、うるおいとハリで満たされることが大切なのです。

コラーゲン力を届けるためうるおわせる。ドモホルンリンクルの「保湿液」

「保湿液」にもコラーゲン?とお思いの方もいらっしゃるかもしれません。
コラーゲンは、お肌のハリはもちろん、水分を抱え込む保湿力も抜群なんです。
その中でも、お肌に長くとどまる鱧コラーゲンを配合。
お肌がうるおいで満ちていると、コラーゲン力が届きます。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

保湿液画像

保湿液の商品詳細はこちら

コラーゲン力が勢いづける。ドモホルンリンクルの「美活肌エキス」

「美活肌エキス」にもコラーゲン力に欠かせない働きがあります。
お肌の角層深くに働きかけてハリを与えるオウバクエキスを配合。
お肌をいきいきさせて、巡りを後押ししてくれます。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

美活肌エキス画像

美活肌エキスの商品詳細はこちら

コラーゲン力がハリを引き出す。ドモホルンリンクルの「クリーム20」

「クリーム20」は、お肌のハリをとことん引き出すために磨き続けてきた1本です。しぼみがちなお肌をすこやかにはぐくみ、弾ませ、力づけ、守るために。
たどり着いたのは、"百草の王"と呼ばれる高麗人参の最高峰。その力を余すところなく発揮し、再春館製薬所だけのコラーゲンケアを支えています。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

クリーム20の画像

クリーム20の商品詳細はこちら

与えたコラーゲン力を護る。ドモホルンリンクルの「保護乳液」

せっかく与えたコラーゲン力も、外からのダメージや刺激を受けてしまっては台無しに。
「保護乳液」の"護る力"は、お肌が持つ三層のバリアを強化して、うるおいやハリを保ちます。
※配合目的:保湿・肌にハリを与える

保護乳液の画像

保護乳液の商品詳細はこちら

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れる様々な悩みの根本的な原因をご存じですか?それは、お肌本来に備わる健やかになろうとする力が低下していること。根本的に改善するためには、お肌が本来持っている「自己回復力」を引き出すことが大切です。ドモホルンリンクルは、それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

年齢肌のお悩み そのすべてに アプローチ
ドモホルンリンクルのこだわり人に寄り添う。肌に向き合う。詳しく見てみる

CATEGORY LIST

商品一覧
暮らしにちょっぴり養生を。詳しくはこちら

SHARE この記事をシェアする

暮らしにちょっぴり養生を。詳しくはこちら

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み