日焼けをした後は72時間以内のケアが決め手! 日焼けをした後の対処法は?

日焼けをした後は72時間以内のケアが決め手! 日焼けをした後の対処法は?
うっかり日焼け止めを塗り忘れて日焼けしちゃった…どうすれば良いのかしら?
再春館製薬所
伊藤
日焼けをしてしまったら72時間以内のケアが非常に大切なことをご存知ですか?
それは知らなかったです!どうして72時間以内のケアが大切なのですか?
再春館製薬所
伊藤
シミやそばかすの原因となるメラニンが日焼けをした72時間後に生成されてしまうからなんです。
そうなんですね!シミやそばかすを作らないためにも、日焼けをした後のケアのポイントについて詳しく知りたいです!
再春館製薬所
伊藤
分かりました!では今回は日焼けをした後のアフターケアの方法やアフターケアに用いるおすすめの化粧品を紹介しますね!

日焼けをした後のアフターケアはどうすれば良いの?

日焼けをした後のアフターケアはどうすれば良いの?

「日頃から日焼けしないように気をつけていたのに、日焼けしてしまった」という事は良くあるのではないでしょうか。

日焼けをした肌は、軽いやけどが起きているような状態です。

また、紫外線により肌のバリア機能が低下し、肌の水分が失われて乾燥した状態になっています。

日焼けによる肌の痛みを感じていなくても、日焼け止めを塗らずに外出したのならば、帰宅後にしっかりとアフターケアを行うのが望ましいです。

アフターケアで必要なことは以下の2つです。

  1. 日焼けした肌を冷やす
  2. 日焼けした肌を保湿する

順番に詳しくお伝えします。

\ ケア1 /日焼けした肌を冷やす

日焼けした肌を冷やす

上述したように、日焼けをした肌は、軽いやけどが起きているような状態です。

日焼けによって肌が熱を帯びたり、肌がヒリヒリとしていると感じる場合は、肌のほてりが落ち着くまで肌を冷やす必要があります。

肌を冷やす方法としては以下のものがあります。

  • 冷水で肌を冷やす
  • 濡れタオルをまく
  • 氷や保冷パックで冷やす
肌をどのくらい冷やせば良いのですか?
再春館製薬所
伊藤
肌の熱やヒリヒリするなどの症状が緩和されるまで冷やしてください!

\ ケア2 /日焼けした肌を保湿する

日焼けした肌を保湿する

肌を十分に冷やしたら、日焼けによって失われた水分を保湿によって補ってあげましょう。

日焼けの原因となる紫外線は、細胞が水分を作る力を弱めてしまうため、肌の奥の水分まで不足させてしまいます。

肌の水分が不足した状態は、乾燥肌などの肌荒れを引き起こす原因となってしまいます。

日焼けによってダメージを受けた肌は刺激に敏感になっているので、化粧水や乳液をつける時は、いつも以上に丁寧に行いましょう。

肌を冷やしたあとの保湿も大切なんですね!
再春館製薬所
伊藤
そうですね!失われた水分をしっかり補いましょう

保湿に関して気になる方は下記の記事をご覧ください。

日焼けをしてしまった後は美白*効果のあるスキンケア用品でシミやそばかすを予防!

日焼けをしてしまった後は美白*効果のあるスキンケア用品でシミやそばかすを予防!

*美白とは、メラニンの生成を抑え、シミ・ソバカスを防ぐことです。

日焼けはシミやそばかすの原因にもなります。

日焼けの原因となる紫外線が皮膚に降り注ぐと、皮膚は防御反応を起こしてメラニンを過剰に生成します。

この過剰に作られたメラニンが皮膚に残ってしまうと、シミになってしまいます。

日焼けをしてしまった後、肌のほてりが落ち着き保湿をしたら、美白効果のあるスキンケア用品でシミの原因となるメラニンの過剰な生成を抑えるためのケアをしましょう。

さらに、肌老化の8割は紫外線を含む光老化によるものだと言われているので、日焼けによる紫外線ダメージを少しでも和らげるためのケアもしてあげましょう。

そのためメラニンの過剰な生成を抑え紫外線ダメージを和らげるためには美白効果のあるスキンケア用品を用いてケアすることがポイントです。

日焼け止めの選び方と効果的な使い方とは?

日焼け止めの選び方と効果的な使い方とは?

ここまで日焼けをした後のアフターケアについてお伝えしてきましたが、紫外線のダメージは1日・2日ではなく、長期間に渡って蓄積されてしまいます。

そのため普段から日焼け止めなどを用いて、紫外線対策を行うことが望ましいです。

以下で、紫外線対策の基本である日焼け止めの選び方についてご紹介いたします。

日焼け止めの選び方

日焼け止めの選び方

日焼け止めでよく耳にする「PA」や「SPF」はどういった意味で、それぞれどんな違いがあるのでしょうか。

そもそも地上に届く紫外線には、波長の長さに応じて「UV-A」と「UV-B」という2種類に大きく分けられます。

波長が長い紫外線がUV-A、波長が短い紫外線がUV-Bです。

波長が長いUV-Aは肌の奥にまで侵入し、シミやたるみの老化現象を引き起こしたりします。

波長が短いUV-Bは肌の奥にまでは届きませんが、エネルギーがUV-Aより強く肌の表面で炎症が起こり、赤くなります。

日焼け止めのパッケージに記載があるPAは肌の奥に届くUV-Aを、SPFは肌の表面に届くUV-Bを防ぐ目安です。

PAは4段階の「+」マークで表示され、「+」の数が多いだけ、UV-Aを防ぐ効果が高いです。

SPFは1~50までの数値で表示され、数値が高いほどUV-Bを防ぐ効果が高いです。

ただし、「PAやSPFの数値が高いものを選べばいい」という単純な話ではありません。

日焼け止めに配合されている成分やシチュエーションによっても選び方や使い方は変わります。

屋内にいたりちょっとした買い物だけであれば数値が高いものは必要ありませんし、炎天下でスポーツをしたりするのであればある程度数値が高いものが必要になってきます。

日焼け止めの選ぶ時にはPAとSPFの数値を見ればいいんですね!
再春館製薬所
伊藤
そうですね!

日焼け止めの効果的な使い方

日焼け止めの効果的な使い方

今度は日焼け止めの効果的な使い方についてお伝えします。

大切なのはムラなく規定量を塗ること。

規定量以下では十分な効果が発揮されません。

また汗をかいたら日焼け止めが落ちてしまい、UVカット効果が薄れているということを気に留めておきましょう。

かいた汗をタオルで拭く際なども、水平方向に拭くと日焼け止めクリームも剥がれてしまうだけでなく、肌への刺激になるため好ましくありません。

タオルで汗を拭く際には上から抑えるようにして汗を吸い取るようにしましょう。

タオルの使い方にも気をつけたほうがいいんですね!
再春館製薬所
伊藤
そうですね!出来るだけ日焼け止めの効果を持続させるようにしましょう!

忘れがちなパーツに注意して日焼け止めを!

忘れがちなパーツに注意して日焼け止めを!

日焼け止めを使う際に、顔や手足など気になりやすい箇所の対策は万全でも見落としているパーツがあるかもしれません。

そこで、ついつい日焼け止めを塗り忘れがちなポイントを5つ紹介します。

  1. フェイスラインからデコルテにかけて
  2. 首の後ろ
  3. ひざの裏
  4. 足の甲

\ パーツ1 /

耳

耳の皮膚は薄くデリケートなので、他の部分と比べると特に紫外線の影響を受けやすいです。

特に、紫外線が強い屋外で長時間過ごすときは、耳たぶから、耳の後ろ全体にも日焼け止めを塗りましょう。

\ パーツ2 /フェイスラインからデコルテにかけて

フェイスラインからデコルテにかけて

フェイスラインからデコルテにかけては日焼け止めを塗り忘れがちです。

この部分が日焼けすると、ファンデーションを塗ったときに顔と首との肌色に差が出て、白浮きしてしまいます。

塗り忘れを防止するには、さまざまな角度からチェックできる三面鏡を使うのがオススメです。

\ パーツ3 /首の後ろ

首の後ろ

ショートヘアや髪を結んでいる人は特に注意をしなくてはなりませんが、ロングヘアの人も髪で隠れているからといって油断は禁物。

外出時は、当然首も紫外線にさらされています。首の後ろ側は自分からは見えず、日常的なケアがしにくいだけに、入念に日焼け止めを塗りましょう。

\ パーツ4 /ひざの裏

ひざの裏

ひざの裏はしゃがんだり体操座りの姿勢で日焼け止めを塗っていると、ひざの裏が隠れてしまって塗り忘れやすいだけでなく、塗りにくい箇所でもあります。

特にスカートやハーフパンツなどのボトムスを履くときは、地面のアスファルトから反射して日焼けしやすいので要注意。

\ パーツ5 /足の甲

足の甲

足の甲が露出する靴を履く際に日焼け止めを塗り忘れてしまうと、"パンプス焼け"や"サンダル焼け"ができてしまいます。

靴を脱ぐ場面で、恥ずかしい思いをしたことがある人もいるのではないでしょうか?

外出前に、スタンドミラーで塗り忘れ箇所がないか、全身を確認しましょう。

どれも日焼け止めを塗り忘れやすいパーツですね!
再春館製薬所
伊藤
そうですね!塗り忘れに注意して、しっかりと紫外線対策を行っていきましょう。

普段から行いたい紫外線対策!

普段から行いたい紫外線対策!

紫外線対策の基本は日焼け止めを塗ることですが、実は日焼け止めだけでは紫外線を全てカットすることはできません。

日焼けをしないためには、日焼け止め以外にも紫外線対策を行う必要があります。

  1. 紫外線の強い時間を避ける
  2. 日陰を利用する
  3. 日傘を使う、帽子をかぶる
  4. 衣服で覆う
  5. サングラスをかける

\ 対策1 /紫外線の強い時間を避ける

紫外線の強い時間を避ける

紫外線は正午前後に最も強くなります。

具体的には午前10時~午後2時までが特に紫外線が多く、この4時間で1日に降り注ぐ紫外線の50%を占めていると言われています。

外出時には、紫外線が強い時間帯をできるだけ避けるか、日傘や帽子を利用したり、サングラスをかけるなどの万全の対策をして外出をするようにしましょう。

\ 対策2 /日陰を利用する

日陰を利用する

外出したときなどには、できるだけ日差しに当たらないように日陰を利用しましょう。

しかし、紫外線には上空の太陽からの直接的なものだけではなく、空気中で散乱したものや、地面や建物から反射したものもあるため、直接日光のあたらない日陰であっても紫外線を浴びていることは忘れないようにしてください。

\ 対策3 /日傘を使う、帽子をかぶる

日傘を使う、帽子をかぶる

夏の日中など、日差しの強いときの外出には、日傘の利用も効果的です。

最近は紫外線防御機能を高めた日傘もあります。

そして帽子は直射日光をさえぎってくれます。

ただし、日傘や帽子も太陽からの直接の紫外線は防げますが、大気中で散乱している紫外線まで防ぐことはできません。

日傘や帽子で防げない紫外線は日焼け止めをしっかり塗るなどで対策をしましょう。

\ 対策4 /衣服で覆う

衣服で覆う

袖が長く襟付きのシャツのように、体を覆う部分の多い衣服の方が、首や腕、肩を紫外線から守ってくれます。

皮膚に到達する紫外線を減らすための衣服としては、しっかりした織目・編目を持つ生地を選ぶことです。

また、最近では紫外線をカットするような素材を使っている衣服もあります。

\ 対策5 /サングラスをかける

サングラスをかける

目からも紫外線のダメージを受けることが分かっています。

サングラスや紫外線カット眼鏡を適切に使用すると、目にさらされる紫外線ばく露を90%カットすることができます。

光を完全にさえぎってしまうと、瞳孔が開いて余分に紫外線を浴びることになります。

色が薄めのサングラスで、紫外線カット効果の高いものがおすすめです。

紫外線対策はこんなにたくさんあるんですね!
再春館製薬所
伊藤
少し大変ですが、自分の肌を思って続けるようにしましょう。

まとめ 紫外線対策は入念に

まとめ 紫外線対策は入念に
日焼けをした後のケア、日焼けしないための対策についてとてもよく分かりました!
ありがとうございます。
再春館製薬所
伊藤
いえいえ!お役に立てて嬉しいです。日頃から紫外線対策をしっかりと行いすこやかな肌を目指してくださいね!ポイントを整理したのでぜひチェックしてみてください♪
  • 紫外線対策は日焼けしてからのケア72時間以内が大切!
  • 日焼けした後は冷やしてから保湿を行う
  • レジャーや買い物などのシチュエーションによって使う日焼け止めを変える

紫外線対策は入念に行いましょう。

ドモホルンリンクルは季節や肌質を問わずに、お使いいただけます。

お肌に現れるさまざまな悩みの根本的な原因をご存じですか?それはお肌本来に備わるすこやかになろうとする力が低下していること。原因は一つだから解決法もただ一つです。それぞれの悩みにではなく、「準備」から「基本」までのワンラインで段階的に働きかけていきます。
もちろんお肌は、思わぬトラブルに見舞われることがあります。そんなときは、いつでも私たちにご相談ください。あなたのお肌にあった解決方法を一緒に考えさせていただきます。あなたの大切なお肌に、私たちはこれからも寄り添ってまいります。

年齢肌のお悩み そのすべてに アプローチ
ドモホルンリンクルのこだわり人に寄り添う。肌に向き合う。詳しく見てみる

監修:再春館製薬所 
研究開発 伊藤安矢

大学院修了後、再春館製薬所に入社。「ドモホルンリンクル」の商品開発、企画、研究に従事。研究開発員として一貫して年齢を重ねていく肌と向き合い続ける。最新の皮膚研究、肌老化研究を重ねながら、日々寄せられるお客様の声を商品に反映してきた。

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み