生活習慣 2021.04.09

眠りが浅いのはなぜ? 不眠に陥る原因と眠れない夜の対処法

眠りが浅いのはなぜ?不眠に陥る原因と眠れない夜の対処法

「眠ろうとしても眠れない」「身体は疲れているのに寝つきが悪い」「眠りが浅くて夜中に何度もおきてしまう」という方もいるでしょう。穏やかな睡眠は、日々を健やかに過ごすために欠かせません。もしも睡眠不足が続いてしまうと日中に眠気がきたり、体調を崩したりと日常生活がつらくなってしまいます。悪化する前に、原因を知って適切な対策を講じましょう。

そこで今回は、眠れなくなる原因と対処法などについてご紹介します。浅い眠りを改善したいという方は、ぜひご一読ください。

眠れないのはなぜ? 3つの原因とは

眠れないのはなぜ?3つの原因とは

突然、眠れなくなると不安になりますよね。
以下の3つに該当する方は、眠れなくなったり、寝つきが悪くなったりするため注意が必要です。

一時的なストレス

心理的なストレスを感じると、緊張状態が続き、睡眠にも影響します。
「仕事で嫌なことがあった」「試験を間近に控えている」「明日は早く起床しないといけない」などの負の感情だけがストレスになるわけではありません。旅行やデートなどの楽しい予定が控えているときも心は少なからずストレスを感じてしまうため、寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなったりします。このほか、転職したばかり、引っ越したばかりなど生活環境の変化が不安・ストレスとなることも珍しいことではありません。
眠れなくなったときは、自分の状態を振り返ってみましょう。原因が分かると、眠れないという新たなストレスをなくせるので、気持ちが楽になるはずです。

体内時計の乱れ

体内時計が乱れると、眠りが浅くなります。早い時間に眠くなり、早い時間に目が覚めるといったことも起こります。夜勤などで昼夜逆転の生活をしている方や、朝型の生活なのに遅くまで起きている方は要注意!疲労を感じたり、頭が重く感じたりするほか、人によっては怒りやすくなります。疲労感から食欲が減退するので、体力が落ちてしまう可能性もあるでしょう。

寝る前の準備ができていない

寝る前の準備が疎かになると、身体はいつまでも休めません。
たとえば、寝る前にスマートフォンやタブレット、パソコンなどを見ている方がいますが、ブルーライトは脳を活性化させてしまう原因です。寝つきが悪くなるため、寝る前の行動としてはおすすめできません。
就寝2時間前には使用を終了することが理想ですが、現代社会ではそれはなかなか難しいことかもしれません。良質な睡眠を得るためには、身体をリラックスさせることが大切です。例えば、帰宅したら外出着から部屋着にすぐ着替え身体の緊張をほぐしたり、寝る直前で熱いシャワーを浴びないようにして交感神経を刺激しないようにするなど、寝る前のちょっとした準備がとても大切なのです。

その他に眠れない原因とは

その他に眠れない原因とは

眠りを妨げる原因は、ほかにもあります。

たとえば、寝室の環境が眠りを阻害することがあります。音や光、気温、湿度は睡眠に大きく影響するため、健やかな睡眠を得るなら外からの騒音、部屋の電気や外から入る明かり、部屋の温度・湿度には気を使ったほうがいいでしょう。

また、日ごろから刺激物(カフェインやタバコのニコチン)を摂取していると目がさえてしまいがちに。午後に飲んだコーヒーが夜間の睡眠に影響することもあるので、刺激物の摂取はできるだけ控えるようにしましょう。

このほか、うつ病などの心の病が原因で眠れなくなる方もいます。心の病が原因だと、いくら眠ろうとしても眠気が訪れないことが多く、頑張ろうとすればするほど気落ちしてしまいます。睡眠の確保も重要ですが、根本的な悩みや不安を解消することを第一に考えて専門クリニックに相談しましょう。

眠れないときの対処法

眠れないときの対処法は、以下のとおりです。
自分のライフスタイルに合ったものをとり入れながら、心地良い睡眠を手に入れましょう。

身体を温める

スムーズな入眠を促すなら、温かい飲み物がおすすめです。夕方以降はホットミルクやハーブティーといったカフェインを含まない飲み物を摂取しましょう。

また、入浴によって深部体温を高めるのも効果的です。
眠気は、深部体温が下がり始めるときに訪れます。入浴で体温をちょっと上げると、眠る前に深部体温が下がるため、心地良い眠りを得られるでしょう。

入浴時は、38℃〜40℃ほどのぬるめのお湯に20分程度つかりましょう。副交感神経が優位になるので、身体がリラックスモードに入ります。
なお、入浴は就寝の1時間〜1時間半前に済ませてください。

身体をほぐす

運動をして身体をほぐすと、快適な睡眠を得られやすくなります。21時以降に激しい運動をすると、逆に眠りを妨げてしまいます。ストレッチなどで身体をほぐしてください。

リラックス効果を得るなら、ヨガも効果的です。安眠に効果的とされるのは「肩立ちのポーズ」「合蹠(がっせき)のポーズ」「頭を膝につけるポーズ(ジャーヌシールシャーサナ)」「魚のポーズ」です。簡単なものから始めてみてはいかがでしょうか。

リラックスできる環境を作る

リラックスできる環境を作ることも大切です。
たとえば、パジャマや寝具を自分の好きな肌触りのものにすると、心身ともにリラックスできます。直接お肌に触れるものなので、やわらかくて、睡眠時の汗を吸収してくれるものがおすすめです。体感温度や湿度は睡眠に大きく影響するため、季節に合わせて心地良い素材に変えてみましょう。

また、アロマの香りはリラックス効果を得やすいと言われています。とくに、ラベンダーやカモミール、サンダルウッド、イランイランなどは眠りを促してくれると人気ですよ。
アロマ以外にも、ピローミストを枕に吹きかけたり、ルームスプレーやフレグランスを活用したり、好みの香りのボディクリームを塗ったりと、香りを演出する方法はいくつかあります。無理なく続けられるものを選んでみてくださいね。

不眠解消のツボを押す

身体のツボには眠りを促すツボがあり、代表的なものが「労宮(ろうきゅう)」と「失眠(しつみん)」です。労宮は手のひらの中心部に、失眠は足のかかとの中心部にあります。痛くて気持ち良いと感じる程度の強さで、ゆっくり深呼吸をしながらツボを押しましょう。

ツボは寝る直前ではなく、就寝の30分〜1時間前に押してください。部屋を暗めにし、リラックスできる環境で押すことで身体は心地良い入眠へと向かいます。
なお、飲酒をすると効果が半減するため注意しましょう。

寝る前にスマートフォンなどの液晶画面を見ない

ブルーライトは睡眠ホルモンの分泌を抑制すると言われており、睡眠を妨げてしまいます。スマートフォンやタブレット、パソコン、テレビの使用は、就寝の30分前までにしましょう。ついクセで見てしまうという方は、「お風呂のあとは見ない」「歯磨き後は見ない」というように、自分なりのルールを作ってみてください。

眠れなくても焦らないで大丈夫

眠れないと焦りがちになりますが、眠れないのは特別なことではありません。誰もが経験するごくごくあたりまえのこと。考えすぎてしまうと逆にプレッシャーになり、余計に眠れなくなる可能性もあるので、「眠れないなら眠らないでいよう」くらいの気持ちでいることが大切です。朝はカーテンを開いて朝日を浴びてみたり、夜間は早めに部屋の照明を落とすようにするなど、一日の生活リズムを少しずつ見直していきましょう。

生体リズムに着目したドモホルンリンクルの年齢美習慣

生体リズムの乱れは様々な不調の原因に…。それには、朝と夜のスイッチのON・OFFで、「メリハリ」をつけることが大事です。朝は体温を上げて、活動モードへのスイッチをONにし、夜は休息モードにスイッチOFFして、ぐっすり心地よい眠りへつく。この2つから生まれるリズムこそ、年齢を超えて健やかに美しく生きるための新習慣。生体リズムに着目したドモホルンリンクルの年齢美習慣で、いきいき美しく幸せな毎日へ。

内側から、私を磨こう 生体リズムを整えるために 役立つことをご紹介します
お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決 お肌の専門家がちょっとした“気になる”を解決

CATEGORY LIST

商品一覧

SHARE この記事をシェアする

ドモホルンリンクル
お試しセット

ドモホルンリンクル全8点を
3日分試せる無料のセット

無料お試しセットお申込み