1. ドモホルンリンクルトップ>
  2. 安全な環境で安心してホームページをご利用いただくために

安全な環境で安心してホームページをご利用いただくために

インターネットは今や私たちの暮らしに欠かせない存在になりました。

欲しい情報をかんたんに探し出せる、家にいながら商品の購入ができる、遠く離れた場所にいる人と顔を合わせて話ができる、など大変便利なものです。

しかし便利な反面、危険がひそんでいることも事実です。

最近では他人のIDやパスワードを不正に取得して、お客様専用のページに侵入するといった事件も発生しています。

再春館製薬所ではお客様の情報を守るために数多くの取り組みを実施しており、現在のところこのような被害は確認されておりませんが、これからもより一層の注意を払っていかなければならないと強く感じています。

“お客様に安全な環境で安心してホームページを利用していただくこと”

これは、我々再春館製薬所がお客様とお付き合いをする上でとても大切にしていることのひとつです。

これからも、お客様に安心してご利用いただくために、お預かりした情報の取り扱いには細心の注意を払い、お客様にご満足いただけるサービスを提供し続けられるよう、安全性の向上に努めてまいります。

株式会社再春館製薬所

お客様に安心してご利用いただくための取り組み

ホームページをご利用になるお客様の安全をお守りするために再春館製薬所が取り組んでいることをご紹介します。

ネットワークに接続されているパソコンのウイルス対策を実施

ネットワークに接続されているパソコンにおけるウイルス対策を実施

社内のパソコンに侵入してきたウイルスがいないかを随時チェックして、感染による被害を未然に防ぎます。

第三者によるセキュリティ診断の実施

第三者によるセキュリティ診断の実施

ホームページのセキュリティ対策が万全かどうかを診断してくれる第三者に依頼して、定期的にセキュリティチェックを実施。不安な点が見つかった場合はすぐにシステムの改善を行います。

サイト攻撃を検知・ブロックする機能で24時間監視

サイト攻撃を検知・ブロックする機能で24時間監視

システムによる24時間監視を実施。サイトへの攻撃があった場合はすぐに検知し、未然に防ぎます。

お客様情報を扱うページでのEVSSL証明書(※)の採用

お客様情報を扱うページでのEVSSLの採用

お客様に安心してご利用いただくために、企業活動への厳格な審査を経て取得・採用された信頼性の高い証明書を導入しています。

※入力された情報を暗号化する通信方式のうち、身元の確認などに一定の基準を設け、従来よりも厳格な審査を経て発行された証明書のこと。

ログイン時の第2認証(ご本人様確認)の導入

ログイン時の第2認証(ご本人様確認)の導入

ご本人様以外による不正なログインを防ぐために、普段の環境以外からのアクセスの場合にはご登録情報での認証を設けています。

インターネットを安全にご利用いただくためのお役立ち情報

ここからは普段からインターネットを安全にご利用いただくために、あらかじめ知っておくと役に立つ情報をいくつかご案内いたします。

インターネットをご利用になる環境について

ご利用の端末環境(パソコン、スマートフォン等)は常に最新の状態に。

パソコンやスマートフォンなど、普段ご利用の端末環境は、不正なアクセスやウイルスからの攻撃を防ぐ機能を高めるために、セキュリティプログラムが不定期に更新されていますので最新版を適用されることをおすすめします。これら最新版の更新を適用することで、ご利用の端末における外部からの攻撃を未然に防ぐ可能性を高めることができます。可能であれば、この更新が自動で行われるように設定を行い、常に最新の状態を保持できるようにしておくことをおすすめします。
例)Windowsのパソコンの場合・・・MicrosoftUpdateの設定を「自動」にする等

ウイルス対策ソフトを導入し、こまめにウイルスチェックを実施しましょう。

昨今、メールに添付されたファイルを開いたり、ホームページを訪問するだけでご利用の端末に感染を引き起こすウイルスの被害が報告されるようになってきました。ウイルス感染をしても見た目の変化がなく簡単には気づきにくいため、しっかりと予防をしておく必要があります。ウイルス感染を未然に予防するための対策としてもっとも一般的なのがウイルス対策ソフトの使用です。このソフトには、ウイルスに感染していないかをチェックする機能が備わっているので、この機能を使って定期的にチェックを行いましょう。

※ウイルス対策ソフトの多くは、販売時点での世界中のウイルス情報に基づいて作られ、販売されています。そのため、日々進化を続けるウイルスに対抗するためには、常に販売元から配布される最新のプログラムに更新をしておく必要があります。導入後はプログラムの更新が自動で行われるように設定を行い、常に最新の状態を保持できるようにしておくことをおすすめします。

インターネット上でのサービスをご利用になる際に

パスワードは、第三者に知られないように出来る限り複雑なものを。

無料で使えるメールのような会員サービスでは、IDやパスワードを用いて専用のページにログインをする場面が多くあります。もし、ログイン用のパスワードに自宅の電話番号や生年月日の数字を組み合わせて用いている場合は注意が必要です。これらの数字は第三者に連想されやすい個人情報であるため、万が一漏れた場合は容易にパスワードを解読されてしまう危険性が高いと言われています。ですので、パスワードに電話番号や生年月日の数字だけを用いることは出来るだけ避けるようにしてください。どうしてもこれらの数字を使いたい場合は「他の数字やアルファベットも組み合わせて8文字以上の複雑なものにすること」をおすすめします。

※パスワードの文字数を「数字のみ6文字」から「数字とアルファベット(小文字)で8文字」にすれば、組み合わせのパターンが100万通りから2兆8千億通りに増えるので、解読される危険性がぐっと低くなります。

パスワードは、ホームページごとに異なるものを設定してください。

パスワードを変更し、文字数を増やしたけれど、覚えるのが大変だからいろんなホームページで同じものを使っている、という方がいらっしゃることと思います。たくさんのサービスを利用している場合でも、パスワード1つだけ覚えていればよいので効率的ではありますが、これは大変危険な状態なのでできれば避けたいところです。というのも、この状態で仮に第三者にパスワード情報を取得されてしまった場合、同じパスワードを使っているすべてのホームページにログインされる危険性があるからです。これが銀行や通信販売などのお金が関わるサービスであった場合、大きな被害につながりかねません。このような事態を未然に防ぐためにも、パスワードはホームページごとに異なるものを設定することをおすすめします。

「情報の暗号化」が施されているか、送信ボタンを押す前に確認しましょう。

インターネットでお買い物をすると、氏名や住所、電話番号、メールアドレスなどの入力を要求される場合があります。これらは商品を届けてもらうために必要な情報なのですが、すべて大切な個人情報です。そのため、「個人情報をインターネットで送っても大丈夫?相手にちゃんと届くの?他の人の目に触れない?」と心配に思われた方もいらっしゃることと思います。ここではお客様の個人情報を送る際に安全かどうかを見分けるポイントをご紹介します。

●暗号化を見分けるポイントは「SSL証明書」

現在のインターネットには通信内容を「暗号化」する技術が備わっており、画面から入力された情報は暗号に変えて送ることが一般的です。暗号化された情報は定められた受け手側でしか解読できない仕組みになっており、このやり取りが正しく行われていることを私たちに教えてくれるのが証明書(SSL証明書)と呼ばれるものです。

証明書には様々な種類がありますが、ここでは弊社で導入している「EVSSL証明書」をご紹介します。この証明書は暗号化通信のみならず、企業そのものについても、実際に存在している企業かどうか、その企業は信頼できる相手かどうかを、私たちに教えてくれます。

Internet Explorerの場合
Internet Explorerの場合

Firefoxの場合
Firefoxの場合

個人情報を入力する前にSSL証明書が付いているかどうか確認してみてください。

再春館製薬所のセキュリティ対策